1. まとめトップ
  2. 雑学

橋本環奈が持っている「秘書検定」ってどんな資格?

文部科学省後援試験に指定されている「秘書検定」は、秘書として必要なスキルのほか、社会人として一般的なスキルが身につけられる資格として、非常に人気の高い資格です。

更新日: 2016年02月20日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
284 お気に入り 249686 view
お気に入り追加

■番組の企画でニトリを訪れた橋本環奈

オフィスを案内した社長が秘書を紹介した流れで、「環奈ちゃんは秘書にどうか?」という話題に

■そこで意外な事実が明らかになった

たんぽぽ川村が「社長っ、環奈ちゃんは秘書とかにどうですか?」と話を向けたところ、社長は二つ返事で「いいですね〜」

■橋本環奈も取得した「秘書検定」とは?

秘書検定は、秘書として必要な資質、社会常識や企業のしくみといった一般知識、マナー・接遇、文書作成やスケジューリングなどの技能を認定する試験

2006年までは文部科学省の認定試験だった。2006年の認定制度廃止により、文部科学省後援試験となっている

年間の受験者は16万人といわれ、これまでに700万人を超える方が受験しています

■秘書として必要なスキルが学べる

その名の通り、一般的に秘書業務に必要とされる、文書作成やファイリング、スケジュール管理、マナー・接遇など、基本的な職務知識を広く問われる

会社の重要なポストにある人に就いて、その人の仕事を幅広くサポートするのが秘書の役割

身の回りの世話から、メールや電話応対、来客の接遇、スケジュール管理、書類・原稿作成まで、総務のエキスパートとして要職者をサポートする重要な役割を担います

■秘書志望の人以外からも人気のある資格

秘書の実務に関係する内容以外に社会人としてのマナー、お客さんの対応、電話応対、会議の準備などの技能問題も出題されます

あらゆる職業・業種・年齢に関係なく、ビジネスの場において必要なビジネス知識や技能、組織人・社会人の一人として求められる常識を学ぶことができます

さまざまな場面での、適切な言葉遣いや立ち居振る舞い、気遣いができるかどうかを問われます

■実力に合わせて受講することが出来る

2級および3級は一次試験(筆記試験)のみ、1級および準1級は一次試験合格者のみ二次試験(面接試験)が実施されます

3級は秘書としての基礎的知識を、2級は専門知識と技能を、1級は高度な専門知識と技能そして資質を問う

筆記試験は理論と実技に別れています。それぞれ60%以上正解する必要があります

1級には面接試験があり、職業人として求められる態度、マナー、話し方のロールプレイングをおこないます

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう