1. まとめトップ

マジェスティックセブンとは?ー3B junior屈指の実力派ユニット!

スターダストプロモーション所属の女性タレントで結成された、女性アイドルグループ・3B junior内の7人組ユニットであるマジェスティックセブン(MJ7)のまとめサイト。キレのある全力ダンスと歌声でライブを熱くするマジェスティックセブンとは?

更新日: 2017年07月18日

KANAx2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 5418 view
お気に入り追加

★New topics!★

・MJ7に会える今後のイベント

●9月18日(月・祝)「3B junior ウルトラFES」 @場所未定
●9月30日(土)「3B junior 秋の収穫祭」@渋谷O-Crest
●10月9日(月・祝)「3B juniorスタンプカード感謝祭」@ポニーキャニオン本社 ※「サマーツアー」スタンプカード所持者のみのイベント
●10月21日(土)「未来科学の3B junior」@場所未定
●10月22日(日)「未来科学の3B junior」@場所未定
●10月28日(土)「第29回定例公演 HALLOWEEN SHOW<スリービー・ホラー・ショー>」@山野ホール
●11月5日(日)「3B junior 秋の収穫祭Ⅲ」@場所未定
●11月19日(日)「3B junior 秋の収穫祭Ⅳ」@下北沢GARDEN

詳細は3B juniorのオフィシャルサイトへ(http://www.3bjr.com/sp/ )。下にもリンクがあります。

☆☆現在体調不良で休演中の、我らがMJ7のリーダー、うらん師匠… 一日でも早く回復し隊員復帰出来ますように!☆☆

★マジェスティックセブンの概要★

マジェスティックセブンは、スターダストプロモーション所属の女性タレントで結成された、女性アイドルグループ・3B junior内の7人組ユニットである。2015年7月11日結成。略称は英語名であるMajestic 7に因みMJ7(エムジェーセブン)。
3B juniorの中では、一番新しく結成されたユニットで、キレのあるダンスと歌唱力の高さ等パフォーマンスを強みとしたグループになっている。メンバーは、うらん・斎藤夏鈴・小田垣陽菜・鈴木萌花・大平ひかる・市川優月・小島はなの7人で構成される。
オリジナル曲の他、事務所の先輩であるももいろクローバーZのカバー曲をライブで歌唱している。
コンセプトとしては、結成以降にメンバー自身が考案した、"宇宙船"をイメージしたユニットとなっており、掛け声に「Space Ship Go!」というフレーズを使っている。尚、このフレーズは3曲目のオリジナル曲のタイトルにもなっている。また、メンバー自身やファンのことを隊員と呼んでいる。3B junior内の他のユニット同様、先ずはメジャーデビューすべく「歌って踊って戦って」いる。
衣装は、3B juniorの共通のものでパフォーマンスをしていた期間が長かったが、2016年8月14日に、メンバー、ファン待望の初オリジナル衣装が「3B jr. 浅草大歌謡ショー ~2016年リベンジの夏~」にて披露された。新衣装はシルバーと水色が基調となっており、宇宙をイメージさせる様なデザインとなっている。

3B junior公式チャンネルによる自己紹介(ロングバージョン)動画。尺が長いため、定例公演や他ユニットととの出演等ではあまり使われていないのが残念。2016年5月~の3B junior セカンドツアー「関東平野」途中から少しづつ変更があり、現在ではかなり違うバージョンになっている。

マジェスティックセブン 新しい自己紹介できました。 #3bjr pic.twitter.com/ZruhN7Uegu

2016年2月6日の対バンライブ、LEVEL GIRL'S Vol.5に合わせて発表された、ショートバージョンの自己紹介

【浅草大歌謡ショー】マジェスティックセブン初のオリジナル衣裳。3曲目のオリジナル「Space Ship Go!」も初披露しました! #MJ7 #3bjr pic.twitter.com/fGCxMwOMyK

昨日のマジェスティックセブンの優勝で長らく叫び続けていたMJ7ユニット別上位説が立証されたようで、ひっそり喜んでおる。かりん隊長は卓越したダンス、リーダーシップ。ひなちゅんはお芝居でも目立っていたし、トータルバランスの高さが目立つ!書ききれないが(;'oマジェメンは才能の宝庫だ。

2016年12月12~18日に3B juniorクリスマス公演は、ユニット対抗の形式であったが、MJ7を絶賛するツイートが数多く見られた。MJ7は9公演中、2回ファン投票により優勝を獲得した(全5ユニット)。

奥澤村が勝ったのか、中村さん良かったね!本気で2連覇、3連覇を狙いにいってたであろう小田垣さんは悲しんだろうな。 でも昨日も今日も純粋に選べばマジェスティックセブンと言う声が多い。 すごいユニットだな!

上と同じくクリスマス公演に関するツイートより。

★ヒストリー★

☆結成~リベンジの夏
結成は、2015年7月11日。3B junior(以下、3B)の第6回定例公演(西武園ゆうえんち)の中でサプライズ発表された。アイドルグループとして新たにスタートを切った3Bの活動は2014年11月1日から本格的に開始されており、他の3B メンバーが活動開始早々から新たに結成されたユニットに属し、ユニット曲を披露したり、現・ロッカジャポニカ(当時は走れ選抜と呼ばれていた)がメジャーデビューを決めていた中、まだどこのユニットにも属していなかったメンバーによる、ようやくのユニット結成ということで、歓喜の門出となった。
MJ7としてのパフォーマンスの初披露は、結成から1ヶ月程経った同年8月14日の「3B junior の浅草大歌謡ショー」で、ファンは当然、新曲と新衣装で登場するものと期待して挑んだが、MJ7単独の演目としては、既存の3Bの衣装にこれまでと同じカバー曲「気分はSuper Girl!」の1曲のみ披露という内容であった。この時点では、その後、新曲と衣装を長く待たされるとは誰も予想しておらず、そしてここから、MJ7の決して順風満帆ではない、逆境を乗り越えながら成長していくストーリーが始まることになる。
同年9月からスタートとなった、3Bとして初のフリーライブツアー・東京湾では、他ユニットに比べ出番が極端に少なく組まれ(全員出演となっていたファイナルを除くと2回のみ)、この時のメンバーの思いが、一回一回のライブを大切に全力を尽くすという、現在の「一期一会の精神で!」という熱い気持ちに繋がっている。ただ、東京湾ツアーでは数少ない出演回の中、”涙の東久留米”回など、後々ファンに語り継がれるようなライブを行う等、強いインパクトを残した。
初めてのオリジナル曲は、結成から実に5ヶ月も経った同年12月27日に初披露となった。3B のクリスマスライブで初披露され、ファンも待ち望んだ熱いステージとなった。初のオリジナル曲はメンバーの自己紹介曲にもなっており、名曲との声も高い「未知とのSo Good!」である。
先の東京湾ツアーでの雪辱は、2016年5月1日からスタートした、3Bのセカンドツアー・関東平野で晴らされる形となる。MJ7の出演回は大きく増え、更には初めてのMJ7単独ライブも組まれるなど、MJ7の実力と人気が徐々に認められるようになってきた証ともなった。尚、初の単独ライブは同年5月29日に西武百貨店船橋店の野外ステージで行われたが、会場の都合でコール禁止という、これまたMJ7にとっては試練を与えられた形となった。しかしながら、当日のMJ7の活き活きとした、熱いパフォーマンスの前には、コール禁止は全く問題なく、むしろ最後に手拍子だけで発生したアンコールが感動を呼び起こす素晴らしいステージになった。常に逆境を乗り越え、感動を呼び起こすMJ7を象徴する様なライブだったかも知れない。
MJ7オリジナル衣装については、結成から長らく(1年以上)無く、3Bの共通衣装での出演が続き、メンバーはもちろん、ファンもやや辛い思いを抱いていたが、2016年8月14日の「3B jr. 浅草大歌謡ショー~2016年リベンジの夏~」で、遂に初のオリジナル衣装が披露され、会場は歓声に包まれた。
この2016年の3B jr. 浅草大歌謡ショーは、サブタイトルに「リベンジの夏」とあるように、一年前の同日に行われた同名のコンサートのリベンジがテーマとなっていた。2015年は浅草公会堂を満員の観客で埋めることができなかったため、一年後の同日にはチケットの完売、満員の観客の下で再びコンサートを行うという決意で行われたものである。
その中で、一番のリベンジを果たせたユニットはMJ7であったと言える。上述の通り、結成間もなかった2015年はオリジナル衣装無しのカバー曲1曲の割り当てであったが、2016年は、オリジナル衣装発表に加え、新曲も含めたオリジナル3曲を披露し、存在感を存分に発揮出来たステージとなった。
この他、2016年の夏には、MJ7として初めてフェスにも登場する機会を得ている。

☆頭角を現す時
元々、ダンスや歌唱には定評があり、ライブを熱くするパフォーマンスも含め、その実力の高さを評価する声も高かったのだが、2016年~2017年にかけての年末年始はMJ7がいよいよその力を証明し、内外にそれを示すことができる期間となった。
2016年12月12~18日に渡り、合計9公演行われた3Bのクリスマス公演は、メジャーデビューを果たしているロッカ・ジャポニカを始めとする、3Bの各ユニット(全5組)が競い合い、観客投票により、その日のベストパフォーマンスをしたユニットを勝者として決定するという主旨で行われた。この公演でMJ7は2回(最多はロッカ・ジャポニカの3回)の優勝を獲得しているのだが、勝ち方が非常に鮮やかであった。
続く2017年1月7~8日開催のスターダストプロモーションのアイドル競演による、「俺のネクストガール2017」でも、各日の優勝ユニットを観客の投票で決定する方式であったが、こちらは3Bの他ユニットや他営業所ユニットを抑え、総合2位(1位はいぎなり東北産)を獲得している。
これらの結果を踏まえ、同年1月28日に、遂にメンバーと隊員念願のMJ7初の単独有料ライブが新宿Cat's holeにて満員で開催された。初披露となるカバー曲「仮想ディストピア」を含め、ほぼがっつりとしたライブの構成であった。尚、初単独ライブはうらん師匠が体調不良による休養中の為、6人でのステージとなった。

☆未知との遭遇
3Bのユニットの中では、最後に結成された一番若いユニットという事もあり、まだまだ悔しい思いや試練も多いのだが、メンバー持ち前のパワー・真面目さ・明るさで一回一回のライブごとに大きく進化を遂げている。結成当初は控えめな印象だった各メンバーのキャラクターや個性も、前面に出てくるようになってきており、またその進化(成長)の仕方もそれぞれで、回を追うごとに徐々に変化していくメンバーもいれば、突然覚醒するメンバーもいたりと、その変化に驚くのもライブに都度足を運ぶ楽しみの一つとなっている。
ドラマチックな成長ストーリーと共に、これから益々何が起こるか分からないという期待感もあり、今後の大躍進を予感させる、目が離せないユニットであると言える。

マジェスティックセブン結成日以降、MJ7として出演したイベント等の一覧である(公式発表の資料ではなく、個人作成のものであるため、参照や利用に際しては留意願いたい)。
セットリストについては、MJ7が歌唱した部分のみ抜粋しており、イベント全体のセットリストではないので注意。全体曲でも7人が揃って出演している曲目は記載している。冷凍みかん・原色エモーション・想い星等のように特定の一部メンバーのみが担当している曲は除いている。
セットリストの記号については、凡例を参照。

(2017年4月20日更新)

出演履歴①の凡例

※出演履歴②からはセットリストを省略。

マジェスティックセブンの記念すべき初対バンライブ登場、Level Girl's vol.5のフライヤー。2015年12月27日の3B juniorのクリスマスコンサート終演後、会場出口で出演決定のチラシが配られるというサプライズでの出演発表であった。
2016年2月6日に新宿BLAZEで登場し、未知とのSo Good!及び、Fragile Stars、勇気のシルエットのMJ7バージョン(初披露)の3曲を熱演した。

MJ7結成1周年記念!!

画・うらん師匠

結成1周年記念日(2016年7月11日)に師匠がブログにアップしてくれた、隊員へのプレゼント画像!

★楽曲★

オリジナル曲
・未知とのSo Good!! (2015年12月27日~)
・友情のプラネット (2016年5月3日~)
・Space Ship Go! (2016年8月14日〜)

カバー曲
・気分はsuper girl!(2015年8月14日~)*
・hello...goodbye(2015年9月16日~)
・猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(2016年7月2日~)
・仮想ディストピア(2017年1月28日~)

( )は初披露日
*MJ7としての初披露日

「未知とのSo Good!!」及び、「友情のプラネット」は2016年9月7日発売の「3B junior ファーストアルバム2016」に収録。MJ7の楽曲がCDとしてリリースされるのはこれが初めてとなった。

2015年、3B junior初のクリスマスライブで発表となった、マジェスティックセブン初のオリジナル曲「未知とのSo Good!!」初お披露目時の映像。歌詞はメンバー7人の個性を盛り込んだものとなっており、マジェスティックセブンの自己紹介曲でもある。初のオリジナル曲ということもあり、メンバーやファンにとってひときわ思い入れの深い曲となっている。

1 2 3





KANAx2さん

マジェ・ブルーの血が流れている隊員です!

記事へのご指摘等がありましたら、一番下にあるツイートからお願いします。