1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

学力だけじゃない?「子どもの知性」を育てるために必要な5つのこと

子どもが知性を身につけ、様々な能力をできる限りのばしてあげたいと親ならば誰もが思うもの。「子どもの知性」を育てるためには、どのようなことが必要なのでしょうか?

更新日: 2016年02月21日

1322 お気に入り 341289 view
お気に入り追加

子どもの愛情は知性から出てきて、愛情をこめてながめながら、構成します。

幼児の知性には隠れたものも見のがさいのは、まさに愛情をもってながめ、決して冷淡に見ないからです。

3.とにかく遊ばせる

遊びは子供の精神、情緒、社会性、知性、身体の発達にとって必要不可欠です。

研究によると、おままごとやごっこ遊びなどのロールプレイが好きな子供たちは、知的能力、集中力、創造的思考のような認知領域で、非常に高い能力を発揮しやすいといわれています

4.親が子どもと積極的にコミュニケーションを取る

親が子どもに読み聞かせをしたり、家族そろって夕食のテーブルを囲んで会話をしたりするなどの行為は、子どもの知能を高めるのに有効であるということ

親があまりスキンシップをしない家庭で育った子どもは、「他人は疎遠な存在だ」と感情を閉ざすようになります。

5.知性を育てるには「ドーパミン」が重要

この「ドーパミン」はとても重要な脳内物質で、「人間らしさの脳(既出)」=前頭連合野をより豊かに発達させる、やる気快感ホルモンなどとも言われます。

「ドーパミン」は幼児期に最も多く分泌されることが分かっており、そしてその「ドーパミン」は、楽しく何かをしているときや、楽しく集中し没頭しているときに分泌されます。

また、成功した体験や、好奇心や興味を持って取り組むときなどにも分泌されるそうです。

速い速度で脳に伝達されることはなく、これらの高度な知性をつかさどる領域にゆっくりと長期的に影響を与えます。

1 2