1. まとめトップ

時代遅れとは言わせない!!紙の辞書のメリットまとめ

電子辞書に負けてはいない!今こそ紙製の辞書ならではの良さを再認識しましょう!!

更新日: 2016年02月21日

4 お気に入り 21843 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shiganaiO2さん

多機能かつ持ち運びに便利な電子辞書が普及した現代。
この時代にあえて紙製の辞書を使うメリットとは?まとめてみました。

①ひと目でたくさんの情報を認識できる

コンパクト性が売りの電子辞書は画面が小さいので、画面送り(スクロール)をしないとその単語の意味を一覧することができません。
しかし、紙の辞書ならそのような手間は必要ありません。
「あれ、何だっけ?」というときに画面を上下に送る必要が無いので、電子辞書には無い快適さがあります。

目に入ってくる情報量が電子辞書の場合よりもいっそう多く、それゆえ、求める語義や用例の周辺にある情報(たとえば、語法欄・類語解説・日英比較など)に目が行く可能性も高い。それがきっかけで、英単語の世界が多方面に広がっていく可能性もまた高い。

②周囲の単語も同時に学習できる

電子辞書では見過ごしがちな関連語の情報も、一覧性の高い紙の辞書なら拾い上げることができます。

"英語全般に対しての興味のアンテナを広げておく"ことは
大変重要で、大変すばらしいことです。
「紙の辞書で調べると、いろいろ見ちゃって時間がかかる、
寄り道しちゃってなかなか進まない」
というあなた!
伸びると思いますよ!
英語を「楽しむ」素質があなたには備わっていると思います(^o^)b

③図表やレイアウトなど視覚に訴える工夫がなされている

文字情報中心の電子辞書では、図表やレイアウトは省略されてしまいます。(画面が小さいため、省略しないとそれはそれで見づらいことに…)
紙の辞書では趣向に富んだ視覚的な工夫を存分に味わうことができます。
理解や記憶の味方となるばかりではなく、辞書を引く楽しさもいっそう増えます。

紙の辞書には色分け・活字サイズの選択・書体の選択・イラスト・図版等、学習者の利便を最大限に考えた様々な工夫が施されている。これは学習者にとっては、記載されている情報が読みやすかったり、覚えやすかったりするし、そうした辞書の工夫には意味がある(例:どの情報に優先性があるか)という点を知ることにも繋がる。

④電池切れや故障が無い

電子辞書は高価で多機能な分、電池切れや故障によるダメージは大きいです。
紙の辞書ならもちろん電池切れに悩まされることはありませんし、燃えたり墨に浸かったりしないかぎり使えなくなることもありません。

これです!ザ・アナログの利点!!
電子辞書だと、電池が切れたり何か不具合で起動しなくなってしまえば
ハイそれまでヨ…ですが、
紙の辞書なら、びりびりに引き裂かれでもしない限りは用は成しますから!

⑤好きなように書き込める

鉛筆、ボールペン、マーカー、付箋。
紙の辞書なら文字や絵を簡単に書き込むことができます。
使えば使うほど『自分の辞書』が出来上がっていきます。
創意あふれる書き込みは、記憶の定着の助けにもなるはず!

鉛筆、ボールペン、マーカー、付箋…
好きな筆記具で文章やイラストなどを簡単に書き込めるのが紙の辞書の良さ。
使えば使うほど『自分の辞書』が出来上がっていきます。
創意あふれる書き込みは、記憶の定着の助けにもなるはず!

もしかしたら最近の電子辞書は
「書き込み機能」みたいなのが搭載されているのかもしれませんが、
好きなペンで、
好きな場所に、
好きなだけツッコミを入れられる(笑)
紙の辞書の“好きなように”度は、電子辞書の比ではないと思います。

参考にさせていただいたWebサイト

1