1. まとめトップ

がっちりマンデーで紹介された深海が専門の研究機関「JAMSTEC」とは?

全国5か所に研究施設を持つ日本最大の海洋研究機関「ジャムステック」は1971年設立。深海というと未知の世界ですが、いろいろ研究をされているようです。まとめ

更新日: 2016年02月21日

1 お気に入り 1560 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

july701さん

深海が専門の研究機関「JAMSTEC」を特集!! 儲かりの宝庫!?深海の研究最先端を大公開

がっちりマンデー!!人気店誕生の裏側に「開店のプロ」がいた!!その秘策とは?2016年2月21日 (日) 7:30 ~ 8:00 (30分)で紹介

全国5か所に研究施設を持つ日本最大の海洋研究機関「ジャムステック」は1971年設立。大活躍する有人潜水調査船「しんかい6500」だが現在は整備作業中。空気は深海だと水圧で潰れてしまうため、軽くて硬い浮力材のシンタクティックフォームを船体のすき間に詰め込み、何があってもすぐ浮くように作られているという。船室はチタン合金で出来た定員3名の小さな球体。深海に着き2本のロボットハンドで石や泥などを採取することがしんかい6500の最重要任務。

深海から採取した泥や菌などは、ジャムステック横須賀本部の深海総合研究棟にある液体窒素タンクに保存。特に菌は1万株以上を長期保存しているという。また、ジャムステックは深海にいる大型生物の飼育に成功。その一部を紹介。海底のメタンガスを吹き出す穴の近くに生息するゴエモンコシオリエビの毛にはメタンガスを食べるバクテリアが生息し、そのバクテリアをゴエモンコシオリエビが食べているという。また、スケーリーフットは巻き貝の一種だがウロコで覆われていて、また地球上で唯一金属を作る生物とされている。

ジャムステックには潜って探すこと以外に海底を掘って探す任務も。2005年に就航した最新掘削調査船「ちきゅう」は10000mを掘れるという。深さ7000mの海底掘削を紹介。人工ダイヤモンドを付けたドリルをセットしたパイプを730本以上繋ぎながら海底に下ろしていき、ドリルマシンを操作し掘り進める。掘削作業で最も難しいのは船のバランスを保つことで、アジマススラスターという装置で微調整しているという。

ジャムステックは現在海底資源に大注目。ジャムステックは資源(海底熱水鉱床)を取り出すだけではなく資源を養殖する計画も検討中という。日本周辺の海底熱水鉱床には金がたくさん含まれていて有名で、約180兆円の価値があるという試算も。

「JAMSTEC」担当ADコメント

本日のがっちりマンデー!!いかがでしたでしょうか?
「JAMSTEC」担当ADです。
撮影当初は、「ちきゅう」や「しんかい6500」と聞いて「ああ!なるほど!」と思うような、そんな知識しかなかったのですが、実際に取材を進めると、勉強になることばかり。驚くこともたくさんあり、ロケに行く度に「ロマンですねぇ」とディレクターに言っていた気がします。写真は、ちきゅうでロマンを感じている最中のディレクターです!
そして今回の取材、私にとって「がっちりマンデー!!」史上、最長!?のロケ期間だったんです!始まりは、去年の10月末。理由は、しんかい6500やちきゅうなど、撮影できるタイミングが限られていたため。気づけば全てのロケが終わるまで3ヶ月以上かかっていました!でもその3ヶ月で貴重な経験をたくさん、させて頂き、とても充実した3ヶ月でした!ありがとうございます。

それでは森永さんの裏がっちりです。
2016年2月21日放送
「しんかいでサンドイッチ」
森永卓郎
 深海潜水調査に活躍する有人潜水調査船「しんかい6500」は、JAMSTECが誇る最先端の潜水艇です。ただ、深海の高い水圧に耐えるため、しんかい6500の船内はとても狭く、実はトイレもありません。以前、テレビ番組で、タレントの中川翔子さんが乗船したことがあるのですが、中川さんは水分を控えて、オムツをして乗り込んだということです。
 そうした事情で、私はしんかい6500のなかでの食事のことに思いが及んでいなかったのですが、先日、『深海でサンドイッチ』(平井明日菜・上垣喜寛著)という本を読んで、しんかいの乗組員は、サンドイッチを食べているのだと知りました。
 このサンドイッチは、とびきり旨いとの評判です。その理由は、しんかい6500の支援母船である「よこすか」の厨房で、潜水の直前に、司厨部員が丹精込めて作っているからです。
 船の厨房は、陸上と比べるととても制約が多くなっています。例えば、新鮮な食材を手に入れることは不可能なので、食材が保存のきくものに偏ってしまいます。何か思いついても、追加の食事は買えません。それでも、そうした制約のなかで、調理を担当する司厨部員が、工夫を重ねて、場面に応じたおいしい食事を作っているのです。しんかい6500の食事は、いまはサンドイッチに落ち着いていますが、これからしんかい10000という超深海潜水調査船が構想されているため、そのときには、食事も進化していくとみられます。何故かというと、1万メートルまで潜水すると、相当長時間にわたって潜水を続けなければならないので、サンドイッチだけでは、飽きてしまうからです。長い航海のなかで、食事は体力の基本であると同時に最大の楽しみでもあります。研究者が乗船するといっても、研究者も人間です。やはり、しっかりとおいしい食事をとらなければ、よい研究はできないのです。
 1万メートルの深海で一体どのようなメニューが提供されるようになるのか、私は興味津々ですが、その前に、6500メートルの深海で、サンドイッチを食べてみたいと思います。きっと絶品だと思います。

1 2