南半球でこれまでに観測されたサイクロンとしては最大の「ウィンストン」が20日、太平洋の島国フィジーに上陸した。

米軍の合同台風警報センターによると、ウィンストンは現地時間の午後7時頃に上陸。この直前に観測された風速は81.8メートルに達した。
南半球のサイクロンとしてはこれまで、2002年にソロモン諸島を直撃した「ゾーイ」、06年にオーストラリアを襲った「モニカ」がともに風速79メートルと、史上最大の勢力を記録していた。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

サイクロン「ウィンストン」フィジー死者42人に。

国連人道問題調整室(OCHA)によれば、ほかに死者は報告されなかったが、被害の全容はまだ明らかになっていない。フィジー、サイクロン死者42人に 孤立被災地の救援急ぐ

このまとめを見る