1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ジダンのカリスマ性はやっぱりスゴい...レアルに確実に変化をもたらしている

ベニテスに代わり、レアル・マドリードの監督に就任したジダン。就任当初は手腕を疑問視する声も多かったのですが、今となってはチームも好調で、変化ももたらしています。

更新日: 2016年02月22日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 49945 view
お気に入り追加

ベニテスに代わり、レアル・マドリードの監督に就任したジダン

就任当初は手腕を疑問視する声も多かった

クラブの(ジダン監督就任という)決定はデタラメで狂っている

元レアル・マドリー幹部のホルヘ・バルダーノ氏は、ジネディーヌ・ジダン新監督の就任はクラブにとって危険な賭けとなる可能性があると指摘している

しかし、今のところチームは絶好調

チームは確実に変化しているみたい

今では「ジダンが率いるレアルならきっとやってくれる」という、圧倒的にポジティブな雰囲気がクラブを包んでいる

マドリーの幹部たちは今回の監督人事が、クラブの全チームに良い影響を与えるものだったと考えているという

自身もスーパースターだったからこそ、ジダンは選手の巨大な自我の“手なずけ方”を熟知しているのだろう

スーパースターたちをうまくコントロールしている

「まずは、選手の傍に立つこと、チーム全員と良好な関係を築くことが不可欠だ」。5日、監督としての初練習を終えた後に開かれた会見で、ジダンはそう語った

前指揮官との関係がよくなかったと言われている選手たちを上手く説得し、現状に不満を持っていた選手をチームに組み込むことに成功した

チームの大エース C・ロナウドも絶大な信頼を寄せている

C・ロナウドは「ジダンがカンフル剤だ。落ち着いた人で仕事は真剣だが、それ以外は楽しい。なぜか分からないが、選手はジダンに他の監督より強い共感を抱いている」

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する