1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

鈴木奈々と藤田ニコルに並ぶ人気となった”おバカアイドル”とは?

バラエティ番組で欠かせない存在のおバカタレント。鈴木奈々と藤田ニコルに並ぶ人気となった”おバカアイドル”とは?

更新日: 2016年02月22日

happystar12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
34 お気に入り 151938 view
お気に入り追加

バラエティ番組で欠かせない存在のおバカタレント

いわゆるおバカタレントというのは、まあここ最近では少なくはなったが、それでも数多く存在する。

今のバラエティ界には鈴木奈々(27)や藤田ニコル(17)といったお茶の間に人気のおバカタレントがいる。

このブームのきっかけはテレビのクイズ番組であるクイズ!ヘキサゴンIIだといわれる。

▽ 今テレビで活躍している3人の”おバカキャラ”

1.鈴木奈々

生年月日: 1988年7月9日
身長: 154 cm

鈴木は益若つばさの追っかけをしていたところ、雑誌「Popteen」からスカウトされ、07年から同誌の専属モデルとなり、益若、小森純に次ぐ人気者となる。

常に前向きな姿勢が同世代女性より支持を得る。テレビ、CM、ファッションイベントなど、幅広く活躍している。

・おバカタレントの筆頭格

鈴木奈々すきやけどな〜 しんどい時でもどんな時にみても自然と笑わせてもらってるもん!! pic.twitter.com/U2ikeGWfWr

おバカブームといえば、里田まい(31)や木下優樹菜(27)がその筆頭だったが、今や鈴木の独壇場。

ある業界関係者からは「基本的にはおバカだが、根は素直な努力家」と評する声もある。

「彼女の場合は毒を吐く際にも『この人ならここまで言っても大丈夫』と相手を見定めているし、クイズ番組で珍妙な答えを書く時も『これ以上だとわざとらしい』とか、適格に場の空気を読むことができる。」

テレビ局ディレクター。

2.藤田ニコル

生年月日:1998年2月20日
身長:167 cm

ロシアとポーランドのハーフの父と、日本人の母を両親に持ち、3歳までニュージーランドで育つ。

09年にローティーン向けファッション雑誌「ニコラ」の第13回ニコラモデルオーディションに応募し、1万人以上の中からグランプリの5人に選ばれて専属モデル(ニコモ)になる。

・新おバカ女王として去年大ブレイク

「ポケモンの家(うち)あつまる?」もうすぐはじまるよ! 藤田ニコルさんがやってきて、フライゴンの魅力を語るよ! ポケパルレでフライゴンと顔マネあそびをするも、変顔続出!? bit.ly/249iajL #ポケんち pic.twitter.com/8L1NP9cUqw

“いま人気のカリスマモデル”とだけ紹介されていたら、イメージがぼやけてそれほど認知されていなかったでしょう。

ただの“おバカ”では片付けられない藤田の“可笑しさ”は、視聴者からも「まあしょうがないか」となんとなく許されてしまい、好感をもって受け入れられているようだ。

3.岡井千聖

生年月日: 1994年6月21日
身長: 152 cm

2002年にハロプロオーディションに合格しその3年後、2005年に℃-uteが結成されました。

℃-uteは今年10周年を迎え、岡井もアイドルとしてベテランの域。

1 2





happystar12さん

私のまとめ記事を読んでいただいてありがとうございます。

今年の目標は一人焼き肉です。

https://twitter.com/happystar012

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう