1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

まこっぴさん

ついに視聴率12パーセント!!最低視聴率を記録した相棒

昨年12月9日放送の『相棒 season14』(テレビ朝日系)第8話が、平均視聴率12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録し、2007年の『season6』以来となる12%台に数字が落ち込んだ、とで騒ぎになった。

初回は18.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、『season9』(2010年10月~11年3月)の17.7%以来の低水準でスタート。以降、第2話=17.6%、第3話=14.8%、第4話=15.9%、第5話=14.9%、第6話=14.6%、第7話=14.9%、第8話=12.9%、第9話=15.0%、第10話(元日スペシャル)=16.7%、第11話=12.6%と推移。

、1月13日放送の第11話では、12.6%と今シーズン最低を更新。さらに、20日放送の第12話も13.7%と、人気シリーズ『相棒』にあるまじき数字の推移を見せている。新しい相棒・反町隆史の評判は上々だが、一体、『相棒』凋落の原因は何なのだろうか?

考えられる理由その1 4人目の「相棒」反町隆史の演技が下手??

“相棒”は初代の亀山(寺脇)以降、2代目・神戸尊(及川光博)、3代目・甲斐(成宮)と、いずれも現職の警察官だったが、反町演じる4代目・冠城亘は法務省のキャリアで、警視庁に出向という異例の形で相棒に抜擢。女好きで、右京と共に悪ノリするなど、持ち前の“チャラさ”も遺憾なく発揮しているが、ファンからは早くも飽きられているようだ。さらに、反町の“棒読み”の演技力に、水谷が不安を感じ始めているという話もある。

「視聴者は最初はクールな水谷と、生意気な反町が腹の探り合いをしながら事件を解決するパターンに共感していた。ところが、最近は反町がエリートとは思えない、オチャラケの軽い存在になっている。『相棒』ファンが何が何でも見たいコンビ、内容ではないと思っているのではないか」

「特番ぐらいの出演ならよかったが、さすがに連ドラとなると反町のキャラはキツイ。それが、視聴率の推移にも表れている。水谷としては、現場であれこれ意見してこない反町は扱いやすいが、それに物足りなさを感じている様子。もともと、初の“女相棒”として仲間由紀恵に白羽の矢を立てていたので、まだこだわっているようだ」

過去3人の相棒と同じように、再来年の春までには反町とコンビを組んでの映画版が公開され、そこで“卒業”するのでは、との見方も

考えられる理由その2 ストーリーがまるでSF?

視聴者の声に耳を傾けると、『とにかく脚本がつまらない』『もう飽きた』『ネタ切れ感』『俺が書いた方がまだ面白い』など、脚本家に対するダメ出しが噴出しています。中には、『もう十分じゃないか?』『続いた方だと思う』などと、このままどんどん視聴率が落ちて行く前に、『相棒』という作品自体を終わらせた方がいいという声まで出ています。遠くない未来に、『season3』以来の1ケタを記録する日がやって来るかも

根本的に脚本の問題であると報じられています。
さらにその脚本を選んでいるのは水谷豊さん

「相棒」だが、次回2月24日放送の予告が大きな波紋を呼んでいる。

「番組のホームページを見ると、タイトルは『物理学者と猫』。内容は、とある大学の研究室で『猫を中が見えないケージの中に入れた場合、“猫が生きている世界”と“死んでしまった世界”の両方が同時に存在し、蓋を開けた瞬間にどちらの世界になるか決まる』という現代物理の考え方『シュレディンガーの猫』について右京たちが話をしていたやさき、突然非常ベルが鳴り、右京たちは“ある人物が死んでしまった世界”に進む‥‥という

『繰り返される世界は、妄想か、異世界か、時間遡行か!?』という煽りを読む限り、『相棒』はもはや刑事ドラマではなくSFドラマになってしまうようです」

考えられる理由その3 最終回ダークナイト事件

相棒13の最終回となる「ダークナイト」ですが、まさかのまさかのバッドエンドの展開で相棒ファンだった方々は大きな衝撃

•法の間をすり抜ける悪者に制裁を与える「ダークナイト」事件を巡って杉下右京(水谷豊さん)と甲斐亨(成宮寛貴さん)が捜査
•ダークナイトの正体は甲斐亨であることが明らかに
•相棒の不祥事で杉下右京が無期限停職処分に

まあ、成宮寛貴さん演じる甲斐亨であることはストーリー半ばからバレバレになっていましたし、制作側は「これまでにない形での卒業する」と明らかにしていたので、何となく相棒がまさかの犯人…なんてことは予想はできたのかも

甲斐亨は特命係に就任した3年前からダークナイトとして犯行に及んでいたということは杉下右京がそばにいながら犯行をしていたことになり、その期間、杉下右京が全くもって気付かなかったということにも違和感がありますし、とって付けたかのような脚本で本当にビックリ

「これまでをぶち壊し」という理由より根本的に「ダークナイト」という回のシナリオが、とても雑だったからダメだと感じた。

最終回にシリーズキャラが実は犯人だった、という話自体がダメなわけではない。

1 2