1. まとめトップ

シャープがホンハイに買収されコピー機の技術流出が起これば日本にとってかなりマイナスかも。

コピー機などの「複合機事業」は、数少ない日本企業が世界シェアをほぼ独占している分野なので、シャープが鴻海(ホンハイ)に買収されるのを心配する声が一部にあるようです。

更新日: 2016年02月25日

moruzibu21さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 12234 view
お気に入り追加

経営不振のシャープは台湾の鴻海ホンハイ精密工業の傘下に入ることを決めた。

政府系ファンドの産業革新機構も支援案を提示していたが、世界各国に販路を持つ鴻海傘下の方が、確実な再建が見込めると判断した。

日本の大手電機メーカーが海外企業に買収されるのは初めて。

鴻海は総額6500億円程度を拠出する。具体的には5000億円程度を投じてシャープを子会社化し、不振の液晶パネル事業をてこ入れする。

さらにシャープの主力取引銀行などが保有する優先株を1000億円程度で買い取るほか、堺市で共同運営している大型液晶パネル工場の土地を500億円程度で購入する方針だ。

狙いはシャープの液晶事業といわれているが、台湾企業ということもあって技術流出が心配されている

シャープの液晶事業は売上高が会社全体の3分の1以上となる1兆円規模

鴻海の郭台銘会長は「資金を投入し、設備などに投資したい。シャープの液晶を再び世界でナンバーワンにする」と意気込む。

はっきりいえば、鴻海がほしいのはシャープの液晶技術だろう。でなければ、シャープに、現経営陣や従業員の雇用を守りつつ、巨額な資金提供をすると言い出すはずがない。

当初の支援額は1500億円だったが、最終的には6500億円に。

支援先が鴻海に決まれば、シャープの液晶技術「IGZO」がもっていかれるのではないか、日本の宝である技術が流出するのではないかという不安の声が聞かれたのは事実ですね。

『IGZO(イグゾー)』は、スマホでの採用が進む有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルとの相性が良く、数々の特許を握っています。

しかし、一部では「複写機事業」のほうが心配されている。

シャープの場合、液晶がクローズアップされてるが、今後国内他社にとって一番問題になるのは、複写機。

@D_H_Yahrne 凄いとかそういう問題じゃ無くて、複写機技術は、日本メーカーで高値安定して維持させてるみたいな感じ。シャープから漏れたら安いコピー機に全部駆逐される。

シャープを買収したホンハイが欲しいのは液晶じゃなくてシャープのコピー機(複合機)の技術と特許やろね。 数年後にコピー機業界のマジ価格破壊あるかもしれない。

液晶とか太陽電池とか、今さらどうでもいいんだけど、一番の問題はコピー機事業。この技術が海外流出して安価なコピー機が出回ると色々ヤバイ。。 シャープ神経戦…リストラ可能性浮上 赤字の太陽光事業、中高年の雇用どうなる sankeibiz.jp/business/news/…

シャープの「複写機事業」は黒字事業。

複写機の技術者出身の高橋氏が、シャープ再建の切り札の一枚と考えていたのが複写機事業

2014.01.19付記事。

シャープの複写機事業は、赤字が続いている液晶パネル事業などと異なり、営業損益は黒字となっている。再建計画では「コア事業」(幹部)に位置付けている

2013年03月13日付記事。

複合機事業はオフィス向けで売上高は、平成27年3月期で前期比6・7%増の3403億円、営業利益は314億円。同年9月中間期でも業績を伸ばしており、10%近い利益率を保つ優良事業だ。

2016.1.6付記事。

「複写機事業」は世界的に日本企業が圧倒的に強い。

複写機こそ、今や日本メーカーが世界シェアを独占する数少ない領域の一つだ。

2013年3月11日付記事。

調査会社のIDCによると、複写機の世界シェア(12年、A3判対応機種)では、1位リコー(19.3%)、2位キヤノン(18.0%)、3位ゼロックスグループ(16.5%)に続き、シャープは5位(9.7%)につける。

2013年3月11日付記事。

複写機は正確で確実な機械の作動、精密な光学技術など、メーカーの技術が凝縮された分野。

年間何万枚と印刷しても壊れず、紙詰まりもしにくい緻密な機械構造、素早く書類を読み取る光学部品と半導体技術、そしてトナーなどの化学材料は、各メーカーの「秘中の秘」。

さらにサービス網がなければ企業向けのビジネスはできない。

2013年3月11日付記事。

過去には、韓国の巨大企業サムスンに狙われたこともある。

2012年8月30日付の米ブルームバーグは、「ソニーやパナソニックを負かしてきた」サムスンが「次に日本企業の独占を終わらせる」うえで目を付けたのが、複写機・複合機市場だと伝えている。

サムスンは昨年、複写機事業に本格参入。米国や欧州で低価格の複写機を販売し、小型プリンタなどでは高いシェアを持つ。

2013.3.13付記事。

1 2 3





moruzibu21さん

食・ビジネス・ほっとブレイク?関連を中心にまとめています。