1. まとめトップ

目の緊張をほぐし、目の疲れを取る 視力回復アプリ!

目のリラックス、そしてあわよくば視力も回復。

更新日: 2016年02月23日

1 お気に入り 2682 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

koarerさん

現代人は普段はPCの画面やスマホの小さな文字といった同じものばかり見て、目に負担がかかり、疲れてしまっている人が多い様です。

そういった疲れ目に対して、あえてこういったアプリを使うことで目の緊張をほぐし、目の疲れを取るのは良いことでしょう。

目のリラックス、そしてあわよくば視力も回復。そんな気持ちで3Dアプリを使ってみるのはいかがでしょうか。

出典http://nurgle77.com/233.html

視力がみるみる上がる3D視力回復アプリ

「3D視力回復アプリ」は、3Dのステレオグラムを用いて視力回復を図るアプリです。
ステレオグラムとは眼の焦点を変えることによって、平面の画像が立体的に見えることです。

さらに調べたところ、視力低下の原因は眼の筋肉を使わなくなることによって筋肉がおとろえ、ピントを合わせる眼の機能が鈍くなるためだそうです。
そこでステレオグラムを見ると、ピントを合わせようとする眼の動きで眼の筋肉を鍛えられるそうです。

画像を立体的にみるためには、目の使い方、ピント調整のコツがあります。
普段は意識せずに使っている目のピントを意識的に調整するので、個人差もあって、人によっては最初は上手くいかないかもしれませんが練習すると見える様になります。



平行法

平行法は遠くのものを見るときの目の使い方をします。
右側にあるものは右の目で、左側にあるものは左側の目で見る様にします。
コツは目の力を抜き、画像自体を見るというよりは、画像の向こう、さらにその遠くに焦点を合わすようなイメージをもって見ることです。



交差法

交差法は近くのものを見るときに目の使い方をします。
右側にあるものを左側の目で、左側にあるものを右側の目で見る様にします。
コツは寄り目をするイメージで焦点を合わしていくことです。寄り目自体が難しい人は、目と目の間に指を立て、両目でそれを見ようとすると寄り目にすることができます

出典http://nurgle77.com/233.html

見慣れない3D画像を視ることで目のピントを合わせる筋肉を鍛える
「平行法」と「交差法」という見方で立体視を見るだけでOK
視力を確認できる視力検査モードなど各種サポートも充実

1回3分でOK!忙しくても視力回復を目指せる
画像を見るだけなので場所も時間も選ばない
トレーニングした日時を自動で記録

眼球を意図的に動かし、眼筋を鍛えて視力回復を目指すアプリです。
目の周りの血行がよくなるため、仕事中のリフレッシュにも効果的!

「視力トレーニング」Androidアプリの体験動画です

「あっ!見える!」を目標にマイペースで頑張りましょう。操作が超簡単なので、誰でも使えます。気楽にチャレンジして下さい。

1