1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

デコパージュとは

デコパージュとは、紙に描かれた模様や絵の切り抜きを貼って物の表面を飾り、
コーティング剤を塗り重ねていく工芸です。

フランス語で、切り抜く、切り裂くなどと言う意味です。

「紙を切って貼る」というのは、誰にでも簡単に出来る初心者向きのデコパージュです。

17世紀にイタリアの家具職人が日本の漆工芸をまねて作ったのが始まりと言われています。

用意するものもお手頃な値段で揃えることができます。

揃えるもの

土台にペーパーナプキンを貼るのに使います。
仕上げのニスが必要なタイプと、1本で全部の役割がある糊とあります。
自分が使いやすいものを選ぶといいですね。

糊を土台に貼ったり、コーティングするときに使います。

初めてデコパージュをする方には柄を切り抜けるタイプが使いやすいと思います。

上履きにはお子様が好きなカワイイ柄を選ぶといいですね

ワンちゃんがお好きなお子様に

ネコちゃんもありました^^

好きな文字を入れるのにあると便利なアルファベットのペーパーナプキン

コラージュペーパーならひらがなもありました。 お子様のお名前を入れるのもいいですね

慣れてきたら全面柄にもチャレンジ♪

上履きで出かけたくなっちゃうようなデザイン

今回は上履きですが、何にでも出来ます(*^^*)

これ以外に
・はさみ
・紙コップ(筆を洗うために水をいれておきます)
・糊を出しておくパレットがあれば○(アルミホイルや牛乳パックで大丈夫)

を、用意してくださいね。

まずは使いたいデザインを選びます

背景が白い場合は少しおおまかにカットしても大丈夫ですが、背景に色や柄が付いている場合は、使いたい絵柄のギリギリでカットしてください。

ペーパーナプキンは3〜4枚の薄い紙が重なっています。絵柄のついている一番上だけを剥がして使います。

たくさんの絵柄を使いたい場合は貼る前に全て切っておきましょう。

柄を貼り付けたい部分に平筆を使い糊を塗ります

平筆に水をつけてよく拭いたあと、糊をとって土台に塗ります。
柄より少し広めに塗るといいです。

柄の中心から外に向かって優しく糊を塗ります。
力を入れ過ぎると紙が破けるので注意してください。

全ての柄を貼り終えたら、靴全体(ゴムの部分をのぞく)に糊でコーティングします。
ムラができないように均一に塗ってください。
乾いたら2度塗りしておくと水分にもさらに強くなります。

塗り終えたらしっかり乾燥させます。

完成

1 2