1. まとめトップ

うつ病かも・・・そんな時は「ツボ押し」で気持ちを和らげよう

何かとストレスが多い現代社会。うつ病になる人は年々増加しています。本格的にカウンセリングや病院で治療を受けるのも大事ですが、気持ちが落ちてきたなと思ったらまずは鬱病に効くツボを押してみるのもいいかもしれません。

更新日: 2016年03月08日

22 お気に入り 39368 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hohekichiさん

現代社会はストレスが溜まりやすい

職場や学校でストレスはドンドン溜まる一方。。。

現代社会を特徴づけるものは、社会に蔓延するストレスである。

ストレスは働く人だけでなく、女性、高齢者、子どものこころまでにもさまざまな影響を及ぼしています。

通常、仕事でミスをおかしても、数日で「またがんばろう」という気になるものですが、いつまでも沈み込み、食欲がなくなる、会社に行きたくない、集中できないなどの状態が続く場合があります。

「ツボ押し」でうつ病を改善?

うつ病には、様々な改善方法がありますが、「ツボ療法」というのがあるのはご存知でしょうか?

ツボ治療もうつ病の治療法としてかなりの効果が見込めるものだと思います。

うつ病に効くツボはいくつかある

■神門(しんもん)

この部分をゆっくりと深呼吸をしながら揉んでいきましょう。リラックスするまで続けると効果的です。

場所

手を開いて、自分の方に手のひらをむけて下さい。手首の部分に横じわがあると思います。その横じわの小指側の端にコリコリと動く腱があります。その腱よりも内側に指を置くとくぼみがあるのが分かるでしょうか。その部分が神門です。

効能

自律神経を調え、気持ちをリラックスさせます。そのため、ストレスからくる便秘にも効果があります。特に不安感を強く感じる場合に神門を刺激すると効果を感じやすいそうです。
体にはたくさんのツボがありますが、この神門というツボは位置がわかりやすい上に、効力が大きく、治療としても使用されることが多いツボです。

押し方

反対側の親指をツボの位置に当てて指圧してください。このツボは軽く刺激するだけで十分効果を得られますので、グリグリと刺激したり、グッと押して離してを繰り返してみたりしてください。

■内関(ないかん)

精神的なイライラは、心包系に何らかの変調がおき、肝系の働きが悪くなるためにおこるとされています。この内関を刺激すると自律神経系のバランスが改善されるために、イライラが解消されます。

出典ourage.jp

手首を曲げたときにできるシワから指3本分」と覚えましょう。縦2本のすじの間にあります。

出典ourage.jp

肘側から、すじの間に指先をぐっと押し込むような感じで押します。

■完骨(かんこつ)

両耳の後ろにある出っ張った骨(乳様突起)の下端、後ろ側のくぼみにあるツボ。

親指をツボに当て、3~5回ぐらい、骨のキワを押し上げるように押す。

百会(ひゃくえ)

百会はその名の通り「多くの気が会合するところ」という意味で万能ツボといえます。

1 2