1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

要注目!今年、歴史的快挙を達成するかもしれない8人の日本人

2015年も数多くの日本人アスリートたちが素晴らしい活躍を見せてくれました。今年は五輪イヤーということもあり、更なる快挙の連発に期待がかかります。更に、頭脳スポーツの世界でもある快挙が達成するかもしれません。そこで、今年注目すべき8人の日本人を選んでみました。

更新日: 2016年02月23日

32 お気に入り 82137 view
お気に入り追加

錦織に松山に…今年、歴史的快挙を達成するかもしれない日本人

今年はオリンピックイヤーということもあり、スポーツ選手に大きな注目が集まる一年となりそうです。また、頭脳スポーツの世界でも偉大な記録がたっせいされようとしています。そこで、今年注目しておきたい8人の日本人選手を選んでみました。


勿論ここでまとめた選手だけではなく、歴史的な快挙達成に挑もうとしている選手は数多く存在します。スポーツファンとしては彼らの動向にしっかりと注目したいところです。

米国のテネシー州メンフィスでは、テニスの錦織圭が「メンフィス・オープン」で大会初の4連覇を成し遂げた

「フェニックスオープン」では松山英樹が米国ツアー2勝目を挙げており、ゴルフ、テニスともに日本勢が海外で活躍している

ゴルフファン、テニスファンが現実味を持って待ち望んでいるのは、それぞれの「4大大会」での日本人による初優勝だろう

錦織圭(26) 悲願の4大大会制覇はなるか?

頂点に立つためにはジョコビッチら異次元の強さを誇る強豪選手を撃破しなければならない。しかし、もしその偉業を達成できる日本人がいるとすれば錦織以外にはいないだろう。

目標に4大大会制覇やリオデジャネイロ五輪を掲げ「大きなタイトルが自分に重要」と自覚する

「小さい頃からニュースで聞いていたり、長い歴史があってその重みは年々感じている。4年に1回という重みもある。そういう点ではメダルには凄く大きな意味がある」

北京五輪は初戦敗退に終わったが、4年後のロンドン五輪では3回戦で第4シードのダビド・フェレール(スペイン)を撃破。

松山英樹(23) 日本人初のメジャー制覇に向けて発進!

日本人の最高成績は、かつて中嶋常幸が全米プロで達成した3位である。松山の最高成績はマスターズでの5位だ。こちらもテニス同様高い壁が存在してはいるものの、松山の実力を考えれば決して夢では無いように思われる。

「優勝争いをしていけるものをしっかり持って、優勝争いをしたい。今でも勝つチャンスはあると思うが、その確率を上げて、どんどん上位にいって勝負したい」

松山の生年月日は1992年(平4)2月25日。90年代に生まれ、2勝以上を挙げている選手は3人しかいない

「メジャーで勝つ技術はある。最終的に(トップグループに)入ってくる」

米スポーツ専門局ESPN

「23歳で2勝している。時間は十分ある。(フェニックス・オープンの)日曜日に見せたパッティングを続けられれば、すぐにもっと勝てるだろう」

米スポーツ専門局ESPN

イチロー(42)  MLB通算3000本安打達成まであと僅か

イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 - )

今年43歳になるイチローには大記録達成が期待されている。それはメジャー通算3000本安打である。今後達成できる日本人選手が現れる可能性は限りなく低い。それだけに、達成の瞬間は決して見逃せないシーンとなるであろう

「アメリカのメディアにとっても、3000本安打というのは最大のマイルストーンになる」

地元紙「マイアミ・ヘラルド」のクラーク・スペンサー記者

言うまでもなく、メジャー殿堂入りを果たした日本人選手は一人もいない。野茂氏の名前が挙がることはあるものの、実現可能性は低いとみられる。

「日本のアスリートで初めてアメリカのメジャースポーツで殿堂入りする選手になるだろう。こういうレベルの選手はそんなに頻繁に出てこないものだよ」

地元紙「マイアミ・ヘラルド」のクラーク・スペンサー記者

1 2 3





スポーツネタやガジェット、映画などが好きです。スポーツはメジャースポーツから地域限定のマイナースポーツまで何でも観ます。これはと思ったニュースや映画を紹介していきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう