1. まとめトップ

ついにIBMテクノロジーで『ソードアート・オンライン』(SAO)をバーチャルリアリティーで実現する!

・人気小説『ソードアート・オンライン』(SAO)の世界をバーチャルリアリティーで実現する。IBMとSAOのコラボレーションで生まれた夢の企画が「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」。2月22日に特設サイトがオープンしたばかりだ。

更新日: 2016年02月23日

1 お気に入り 662 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「ソードアート・オンライン」の世界が現実に 「IBM Watson」と融合? “アルファテスター”を募集

日本アイ・ビー・エムは2月22日、小説「ソードアート・オンライン」(SAO)とコラボしたイベント「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」の開催を発表した。特設サイトでは「SAOのアルファテスト」と題して参加者を募っている。

OUTLINE -募集内容-

SAOのアルファテストに「テスター」としてご参加いただける方を募集しています。
開催期間2016年3月18日(金) - 3月20日(日) 11時~19時
会場東京都内某所
※イベント当日の集合時間・会場へのアクセスなどはご当選者さまにのみ
メールにてお知らせいたします。
募集人数:208名様
応募受付期間:2016年2月22日(月)11時 - 3月4日(金)17時まで
エントリー
詳しい募集内容は「エントリー」先のページをご確認下さい。

2016年春。≪ソードアート・オンライン≫創生の秘密が、ついに紐解かれる―――。

話題騒然のIBM×SAOの作者川原先生がIBMの最新コグニティブ・コンピューティングを体験

コントローラーを使うのではなく、実際に自分の身体を動かして遊ぶゲーム。原作者の川原礫先生は、試作段階のゲームを体験して「今までのゲーム体験とはまったく異質」であることに驚かされたそうだ。

 「いまやゲームの主役はスマホ。寝っ転がって指1本です。五感で味わう体感とは逆に進化してますよね。SAOも、実際は寝転がっていますが、ゲームの世界では疲労感を感じるという設定です。ぜひみなさんもモンスターに追いかけられて走るといった体験をしてもらい、将来のVRゲームがどうなるかを感じて欲しいです」(川原先生)

■舞台はVRでも、プレイヤーは人間だからドラマが起きる

「PC自作にはいくらかけたかわからない」と語る『ソードアート・オンライン』の著者・川原礫先生に、今回のIBMとのコラボイベントへの期待、最新技術への興味などを伺った

 川原先生がSAOを書き始めたのは2002年のこと。

 川原先生自身は「ウルティマオンライン」(UO)、「ファンタシースターオンライン」(PSO)、「ワールド オブ ウォークラフト」(WoW)などオンラインゲームが大好き。いつかこの面白い世界を小説のテーマにしたいと考えていた。

 「オンラインゲームの舞台は、あくまでゲーム内の世界なんだけど、プレイヤーはみんな人間で予期せぬドラマが起きてくる。小説のテーマとして魅力的なんじゃないかということで、仮想世界のゲームを舞台にした小説を書きたいと思ったんです」

話題騒然のIBM×SAOコラボについてツイッターの反応

SAOのテスター募集、当たらないと思うけど出してみようかなー

SAOと現状のVRは結構かけ離れてるはずだというこうるさいじーさんみたいな認識をIBMはどこまで覆してくれるのだろうか

言いたい事は分かるが、今のVRとSAOのVRは全くレベルが違うと思うが・・・w

つまりSAOのVRアトラクション体験会をやるよってだけの話か?

IBMがSAOのVRMMOっぽいの作るの、すごい未来っぽい感じがする。どんな感じのギアなんだろう。ワクワクするな。

SAOを現実にするプロジェクトみたいなやつ、凄いよね かがくの ちからって すげー! 冗談抜きに結構期待するけど…お高いんでしょう?

1