1. まとめトップ

若はげとは…

若ハゲと言われる方は20~30代、早い人は10代の後半からだんだんと髪の毛が薄くなっていきます。

若ハゲの多くはこの「男性型脱毛症」と言われていて、女性の場合には「女性男性型脱毛症」といいます。

最近はAGAと呼ばれることが多いんですよ。

症状としては前頭部の生え際の後退(いわゆるM字ハゲ)や、頭頂部が薄くなり地肌が目立ったりしてくるんですね。

原因は…??

男性ホルモンの影響

AGAの最大の原因は男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の過剰分泌です。

分泌量は遺伝や体質によって大きく左右され、発生したDHTが毛根にある受容体に結合すると、毛母細胞の活動が大幅に低下してしまいます。

また遺伝や体質等の先天的な理由とは別に喫煙や睡眠不足、アルコールの過剰摂取等の生活習慣の乱れやストレス等もホルモンバランスを乱す原因となります。

ヘアサイクルの乱れ

髪は「成長期→退行期→休止期」という3つの周期を繰り返しながら成長していきます。

通常は成長期が最も長く、髪が抜けてもすぐに新しい毛が生えてくるのですが、

余分な皮脂の分泌により毛穴がつまって炎症等を起こすと休止期が長くなり、新しい毛が生えにくくなります。

あきらめや開き直りはまだ早い!いますぐに若はげ対策を始めましょう!

食生活の改善しよう!

食生活みだれていませんか?過度にアルコールをとりすぎたり、ジャンクフード中心の生活になっていませんか?

髪にとって必要な栄養素「たんぱく質・亜鉛・ビタミン」のバランスよい摂取がなされないと、元気な毛髪にも元気がなくなってきます
肉、乳製品、卵、野菜、穀物など、バランスよく3食しっかり食べることが髪にはとても重要です。

睡眠時間をしっかり確保しよう!

無駄に夜更かしをしたり、不規則な生活になっていませんか?

10代・20代の平均睡眠時間は約7時間。そこそこ寝ているかなとは思いますが、問題は「きちんと眠っている」かどうか。

・ベッドに入ってから携帯を開いていませんか
・1日のうちに軽い運動をしましたか
・アイマスクやアロマテラピーなど、ここちよい入眠環境を作っていますか
・晩御飯後すぐの睡眠ではありませんか

体力のある年代なのでどうしても「睡眠」は後回しにしがち。出来るところから取り入れてよい睡眠を目指しましょう

適度な運動を心がけよう!

最近座りっぱなし、休みの日はまったく家から出ないというような生活になっていませんか?

適度な運動は軽い疲れを促し、心地よい睡眠へいざなう優しい睡眠薬にもなります。
ジョギングやストレッチなどで汗をかくと、代謝があがり体温が上昇します。血流が促進されることにより、頭皮にも酸素や栄養分が行き渡り易くなります。
仲間と楽しくスポーツをすると日ごろのストレスも一掃されそうですね。

有酸素運動は若ハゲ防止にも効果的
適度な運動は頭皮環境の改善にも役立ちます

ストレス解消方法をみつけよう!

毎日忙しく、知らず知らずのうちにイライラしてしまうような生活にはなっていませんか?

「自分のために時間を使う」ことを恐れてはいけません。若ハゲには抗いがたい宿命とも言える「遺伝」要素がある、でもだからと言ってそれをストレスとして心に溜め落ち込むのは、なんとももったいない話です。

若ハゲ防止のために出来ることはまだまだ沢山あります。自分を大事にすることもそのひとつ。自分が楽しいと思えること嬉しいと思える時間を「意識して」持つようにしましょう。

ストレス退散!
ストレス対策は若ハゲ防止対策でもあり

丁寧な洗髪を心がけよう!

若ハゲ世代は、同時にオシャレに一番気を使いたいお年頃。整髪料を使う機会も多く、頭皮も脂っぽくなりがちなためについゴシゴシ強めに洗ってしまったりと負担をかける傾向にあります。

1 2





kshaaark1180さん