1. まとめトップ

実家がピザ屋なのに…ジョコビッチが小麦を抜いたら世界一になれた!

マイアミオープンテニスの決勝で日本の錦織圭選手に完勝した世界ランク1位のセルビアのノバク・ジョコビッチ選手。少し前まではフェデラ―やナダルとのレベルの違いがありましたが、グルテンフリーの生活で世界王者に!頻繁に体調不良を招いていた小麦(グルテン)についてまとめました。

更新日: 2016年09月08日

10 お気に入り 23669 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼マイアミ・オープンで錦織圭を寄せ付けず、完勝したジョコビッチ

テニスのマイアミ・オープンは3日、米マイアミで行われ、男子シングルス決勝で第6シードの錦織圭(日清食品)は第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3―6、3―6で敗れ、初優勝はならなかった。

錦織は四大大会に次ぐ格付けのマスターズで2度目の決勝だったが、再び頂点に届かなかった。

ジョコビッチは今季4勝目で通算63勝目。マスターズの優勝回数は単独最多の28勝目となった。優勝賞金は約103万ドル(約1億1500万円)。

▼ジョコビッチの強さの原動力は”小麦抜き生活”だった

“私にとって、プロ生活で最低の瞬間が2010年だった。(2010年の1月の全豪オープンでは、ツォンガ戦において腹痛を起こし、敗北)しかし、2011年7月までに(あれからわずか18ヶ月後)、私はまったくの別人になっていた。

▼実家がピザ屋のジョコビッチがグルテン不耐性だった

セルビア出身のイゴール・シェトジェヴィッチ博士はTVでジョコビッチの試合を見ていた時に偶然彼が倒れる姿を見て「食事が問題なのではないか」と推測したといいます。

実際にELISAテストというあらゆるアレルギーや不耐症が分かる血液検査を受けたところ、確かにジョコビッチは小麦と乳製品に対して強い不耐症があるということが確定したのです。

グルテン不耐症の場合、グルテンを摂るとリーキーガット症候群といって、腸に炎症を起こし腸に穴が開いてしまう症状が起こりやすくなります。

一度穴が開くと血液を通じて全身にグルテンの成分が巡回し、最終的にそれは脳にも到達し、情報伝達機能に異常をきたすことが分かっています。

▼グルテンとは?

グルテンとは、小麦や大麦、ライ麦といった穀物に含まれるタンパク質のこと。

グルテン (gluten) は、小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。麺類やパンなど、小麦加工品を作る上で弾性や柔軟性を決定し、膨張を助ける重要な要素となっている。

▼グルテンの注意点

グルテン小麦は「砂糖よりも血糖値を上げる」言う信じがたい驚愕の事実があります。
しかも一般的には健康に良いとされている「全粒粉」ですら同様です。

小麦を食べると、体内では血中糖分を排除させようという働きが起こり、これによってインシュリンが大量に分泌されます。この繰り返しにより正常に身体か機能しなくなると糖尿病等深刻な病気に発展していくのです。

▼グルテン含む食物リスト

・パン
・パスタなど小麦から作られた麺類
・揚げ物の衣
・ケーキやドーナツなど小麦から作られたスイーツ
・クッキーやクラッカーなどのスナック
・ビールなど麦芽から醸造されたアルコール飲料
・醤油や味噌などの調味料
・加工チーズ
・インスタントのお茶やコーヒー

▼グルテンアレルギーになるとどうなる?

「5人に1人が持っている」といわれています。いつも身体が重い、すぐ気弱になる、という人。「ストレスのせいだ」と片付けているかもしれませんが、実はグルテンアレルギーによるものかもしれません。

自分では気付いていないことも多いのですが、このグルテンのアレルギーを持っていて、小麦などの穀物を食べると、息切れやめまいといったさまざまな不調を起こす人が、意外にも多いのだそうです。

▼簡単なグルテンアレルギーテスト

1.まず、左手をお腹に当て、右手は真横にまっすぐ伸ばす。
2.誰かに右手を下方向へ押してもらい、自分は右手を下へ押されないよう抵抗する。このときの右手の反応が、健常な状態のときの身体の反応である。
3.次に、左手にパンを持ち、お腹の前に当てる。右手は2と同じく、真横にまっすぐ伸ばす。
4.再び、右手を上から下方向へ強く押してもらう。このとき、パンを持っていないときより抵抗する力が弱い場合、身体がパンに含まれる小麦を拒絶している証拠といえる。

引用元:http://www.life-rhythm.net/gluten-free-1/

▼グルテンフリーが欧米で流行している

朝起きてもまるで二日酔いのようなだるさ、常に頭に霧がかかったような以前の状態から、食事を変えた瞬間、朝起きた瞬間から活力で満ち溢れ、その日一日が楽しみになり、テニス中は素早い動きも容易になったといいます。

フィンランドでは、マクドナルドでグルテンフリーのバンズが選べたり、アメリカのサブウェイでは一部の店舗でグルテンフリーのオプションを開始しているそうで、普段の生活にも浸透しているようだ。

▼実際にはどんな食事にすればいいの?

1 2