1. まとめトップ
  2. カラダ

■ 花粉症がきつい。そんなあなたに力をかしてくれる意外な存在が注目されている!

花粉症もきつい時期に入ってきたので、外に出るのが憂鬱な方も多いのではないでしょうか?

日本人の4分の1以上が、何らかの症状に悩まされていると言われる花粉症。アレルギー疾患の一つで、花粉のもつタンパク質に対して、身体の免疫がそれを追い出そうと過剰に反応するために起こる炎症です。

そんなときに力をかしてくれる、意外な存在を見つけました。それはなんとコラーゲン!

それはコラーゲン!

■ 美容のイメージの強いコラーゲンがですが、どういうことなのでしょうか?

ハリのあるお肌を保ってくれる成分として知られているコラーゲン。

美容に良い成分と知られています。化粧品やドリンクなど女性なら美容の為にコラーゲンを意識した事があるのではないでしょうか。

「コラーゲン=美容」という圧倒的な認知度を誇るだけでなく、実際に毎年発表される健康食品としての人気素材ランキングには、必ずベスト5には入っている安定した人気があるのも事実です。

その前に大事なことをおさらい!

■ 花粉症の対策として「花粉を体内にいれないこと」が大事!

そもそも花粉症とは、本来、からだにとって害のない花粉に対し、過剰反応してしまう状態をさします。

花粉がはいってくると体内で抗体がつくられ、つぎに花粉がはいってきたときに抗体と花粉がくっつくことで、目のかゆみや鼻づまりなどがおこります。

対策は、花粉を寄せ付けないことが第一ですが、身体の、花粉への過剰な反応をコントロールできるよう、免疫を鍛えることも大切。

花粉症って、結局つまりのところ、「花粉を体内にいれないこと」が大事ですよね。そこで!目や鼻の粘膜を強化すれば、花粉症対策につながる!

花粉を体内に入れないようにしてくれているのが「粘膜」

■ その鼻の粘膜は、実は「コラーゲン」から作られているという!

実は粘膜ってのは何からできているかというと、「コラーゲン」なんですよ!なので、外からの防御としてコラーゲンがイイと言われているんです。

コラーゲンはからだのなかにあるたんぱく質のひとつで、私たちの全身のあらゆる部分に含まれていて、細胞と細胞をつなぐ重要な役割をしています。

編み目状になっていて健康なコラーゲン繊維は、太くて直線の編み目になっています。衰えると、細く縮れて一つ一つの編み目がゆるみ異物が混入しやすくなります。

■ 鼻だけではなく、コラーゲンは目の保護にも役立っています。

コラーゲンを摂取することで、ドライアイや疲れ目の防止にも
役立ってくれると言われています。

目の角膜にはコラーゲンが多く含まれていて、外側の細菌やウイルスなどから目を保護しています。

また、蚊が飛んでいるように目の前に見える症状である飛蚊症は、古くなったコラーゲン繊維が浮遊して見えている状態です。 目に起こる様々な症状や病気の予防にコラーゲンを不足させないことは、とても大切なことなのです。

そんなコラーゲン

1 2





chat01574さん