1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mura49さん

プロテインダイエットの方法は簡単!といわれているが。

プロテインダイエットの最大のメリットは楽にダイエットができるということです。空腹もそれほど感じず、ダイエットできるのが魅力です。

人の体は、7000キロカロリーを食事や運動により減らすことができると、体重が1キロ減少すると言われています。プロテインによる置き換えダイエットは、食事のカロリーを効果的に減らすことができるので、より早くマイナス7000カロリーに近づくことができるのです。1食200カロリー前後が主流のプロテインドリンクを、食事に置き換えることで、効率の良いダイエットが可能になります。
http://debusotsu.jp/2003

友近が8キロ減量!そのダイエット法はプロテインだった!

友近は、日本のお笑いタレント、ものまねタレント、女優。本名、友近 由紀子。 愛媛県松山市出身。吉本興業東京本社所属。 ウィキペディア

友近、置き換えダイエットで痩せてた!

出典laughy.jp

ウエストは10センチも細くなってます。体脂肪率もかなり下がったみたい。
写真を見れば一目瞭然ですね!別人のようです。
http://laughy.jp/1408032660927150912

友近が成功したダイエット方法として話題の「DHCプロテインダイエット」ですが、これは”置き換えダイエット”と呼ばれるものです。
”置き換えダイエット”とは、1日3食のうちの1~2食を、いつもの食事の代わりにダイエット食品を摂取する方法で、
友近のプロテインダイエットは、食事の代わりにプロテインドリンクを摂取する方法です。

しかし

ダイエットをやめた後に、体重がダイエット前、またはそれ以上に増えてしまう現象をリバウンドと言います。日本人のダイエット経験者のうち、60%以上がリバウンドしていると言われています。そしてダイエットしてリバウンドするのを繰り返していると、逆に太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。
http://club.panasonic.jp/diet/kiso/rebound/

一般論になりますがDHCプロテインダイエットなどは摂取を落とすダイエット方法なんですよね。
およそ7000キロカロリーで1Kgが減ると言われています。
摂取カロリーを落とすから当然んですが運動も必要です。
プロテインダイエットは筋肉量が増えるようにプロテインを摂取しているので、
ただただ食事を変えただけではヤメた途端に元に戻ってしまいます。

プロテインダイエットで痩せるのは嘘

普段の食生活がかなりカロリーオーバーであれば、1ヶ月徹底して続ければ2~3kgの減量も可能な場合もあるでしょう。ですが、ダイエットの専門家の間でも、一般的には1ヶ月で体重の5%以上(60kgの場合は3kg以上)を減量すると、「急激な減量」として、身体に大きな負担がかかり、リバウンドの原因になると言われています。
http://allabout.co.jp/gm/gc/290804/3/

ではプロテインのデメリットとは何でしょうか。それはプロテイン飲料だけでは痩せないということです。

必要不可欠なのはやはり運動です。
プロテイン飲料は単純にカロリーを減らし、栄養分だけ摂取出来るように作られている商品です。また短期間で痩せたいと思っている人には不向きでしょう。タンパク質の摂りすぎで脂肪を溜め込んでしまうということもありえます。

骨がもろくなる、胃腸を壊すこともあるので、プロテイン飲料を飲む際には1日1杯など、自分で決まりごとを作っておくことが大切です。

朝 プロテイン、昼 仕出し弁当、ファミチキ2個、夜チーズ牛丼(大盛)、夜 プロテイン で計算したらたんぱく質 152gとか出て草。 体重50kg以下なので過剰摂取過ぎる。

そうですゴリラです。 けど女です 筋肉量 成人男性の平均より はるかに多かったの。 そー。そして。 毎日のように運動後 プロテイン摂取してます✨ 隠れゴリラです。いや見た目もかな 衝撃的だよね こんな桃を嫌いにならないでください Twitter友の皆さん爆笑

っていうかAPP高い!!!!!!!!!!!!!!!APPの高いプロテイン狂信者……うわっ……うわ……アクが強い…………

高タンパク質ダイエットは腎臓に危険!!!!

タンパク質は皮膚や筋肉などを作るのに必要になります。
また、エネルギーとしてタンパク質を使う事もあります。

そのようにして使ったタンパク質のカスは、
尿と一緒に体外に排出されます。

しかし、タンパク質のカスには毒素が含まれています。
その毒素を取り除いてくれるのが腎臓です。

タンパク質を摂りすぎると
腎臓がタンパク質のカスから毒素を取り除く量が増えますよね。
そうなると、腎臓に負担がかかります。
ですから、腎臓の病気になりやすくなるのです。

タンパク質は腎臓以外にも負担が!

問題は、プロテインを飲んでいる場合です。

「プロテインはどれだけ飲んでも問題ない」
と思ってたくさん飲みすぎると、腎臓などに負担をかけてしまいます。

タンパク質を1日に体重1kg当たり4g以上摂取すると、
過剰摂取になる、とされています。

体重が60kgの人であれば、
1日に240g以上のタンパク質を摂ったら過剰です。

普段食事からどれだけタンパク質を摂取しているか計算し、
不足する分だけをプロテインで補うようにしましょう。

プロテインダイエットの落とし穴

プロテインダイエットとは市販のプロテインをシェイクして飲むだけというお手軽なダイエット法で、成功したという話は、よく聞きます。

しかし、この方法には大きな落とし穴があって、カロリーを減らし過ぎているという問題です。初めて2週間ぐらいは体重も減り順調かと思われますが、体はもう、極端なカロリー制限によって栄養分を欲しているのです。

そこで、・・・

普段の食事に戻したとたん、リバウンドしてしまうのです。
プロテインだけではずっと続けるとカラダに何らかの影響が出てきます。
その前に少しでも不調の兆候がみえたら、改善すべきです。

プロテインダイエットの副作用は

プロテインを過剰に摂取すると、たんぱく質が余分な脂肪に変化して、逆に太る原因になることもあります。顔などにできものが出やすくなることも起こります。過剰なたんぱく質が腎臓に負担をかけて、尿のにおいが強くなったり、色の濃い尿が続いたりすることも起こり得ます。

尿道結石のような病気になる可能性も高くなります。

1 2