1. まとめトップ

簡単リメイク!男前アンティーク風になるBRIWAX(ブライワックス)が優秀すぎてヤバい!

売り切れも続出してるらしい!サビ&アンティーク加工ができるイギリスBRIWAX社製!叩き込む・塗り込む・こするだけで木材が年季を帯びて男前に!簡単加工!リメイクに大活躍!ヨーロッパで最も優れた木製家具用蜜蝋ワックス。カラー14色Orignal Wax 400ml。ブライワックス・オリジナル・ワックス

更新日: 2018年02月15日

68 お気に入り 28169 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tamochimaさん

イギリスBRIWAX社製。
ヨーロッパで最も優れた木製家具用蜜蝋ワックス。
【カラー14色】
BRIWAX Orignal Wax 400ml。

通販で2300円くらい~3300円くらいで購入可能。

これを塗り込むだけで木が・・・いい感じになります!

☆木だけでなく布や金属にも♪☆
しかも布や金属などなどには塗るだけでOK

適当に塗って濃淡が出たほうが味が出るので
めっちゃ簡単にリメイクできます♪

BRIWAXは
BRIWAX「スチールウール[#0000]」、またはウエス(布)で塗り込みます。

着なくなったシャツとかでOK!

水性ステインorオイルステインを塗ってからBRIWAX(ブライワックス)を塗り込むとよりいい感じの深みが出るそうです!

①やすりがけ・サンディング(下地処理)
 ※ワックスの仕上がりを美しくします。

②【省略可】水性ステインorオイルステイン塗装(着色)
 ※奥行きのある色になります。
③【省略可】シーラー塗装(下地塗装)
 ※色ムラを抑えたいときに。

④BRIWAX(ブライワックス)塗装
 ※木目に沿ってワックスを擦り込むように塗ります。

⑤乾燥後(15~30分ほど)、ブラシやタワシなどでゴシゴシとしっかりブラッシングしてこすり定着させます。

⑥乾いた布で表面を磨いて、ツヤを出したら完成です。

色味やムラ感などは好みに合わせて調整可能。

さわやか系のほんのりアンティークもガッツリ男前なダーク系アンティークも思いのままです。

ちなみに・・・
この画像の棚はやすりがけもしてません。
(ブライワックスを塗って磨いただけ。)
塗り方:
http://www.pajolis.com/briwax/

より使い込んだ感を楽しみたい方はムラをわざと出してもイイですね~☆
工程も減るし一石二鳥です^^

こんなに色味違うんですね^^
部屋に合う色をチョイスすればいろいろなリメイクに使えますね!

■リメイク実例&DIYアイディア集

①ブリキ缶の表面をやすりがけ
↑結構荒くした方がペンキが弾かない

②水で薄めた白ペンキでムラがあるように塗ります

③BRIWAXを布でとりサビはここかなというところにペタペタとハンコのように押していきます。

④洋書の切り抜きと布のタグをボンドでつけ完成

作り方:
http://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cDovL2Jsb2dzLnlhaG9vLmNvLmpwL21fdV9pX3Rfb19vYnJpZ2FkYS8zNDEzODQ1Ny5odG1s

ダイソーで12個入りのキューブにBRIWAXを塗ってダイソーのスポンジスタンプで文字をスタンプするだけ!

超かわいい文字キューブの完成です。

作り方:
http://39.benesse.ne.jp/blog/sp-lovelyzakka/archive/181

出典ameblo.jp

キャンパスラベル自体じゃなくてその台紙ってところがツボですね^^

出典ameblo.jp

柱部分を、黒板ペンキで塗り
板・木の部分は、BRIWAXをたたき&ムラ塗りして
古材風に仕上げ!

作り方:
http://ameblo.jp/petit-article/entry-11952350794.html

出典ameblo.jp

ちょっとひと手間!
黒ペンキ&白ペンキ&BRIWAXジャコビアンを
ベタベタ塗り重ねていくだけ。

叩きつけるように重ねていくと塗ったペンキが立ってゴツゴツしたように見えるそうです^^

作り方:
http://ameblo.jp/petit-article/entry-12083971847.html

リメイクって初めての人や不器用な人はとっつきにくいかもしれませんが、実は簡単で手軽なんですよ!小物から始めてみてはいかがでしょうか!?

1