事故は山口県美祢市の美祢IC-美祢西IC間の中国自動車道、「運転の難所」と言われる高速道路の右カーブで起こった。「やっくんの桜の木」は、事故が二度と起こらないようにという願いを込めて、やっくんさんの魂が届くところで育っていくことになる。

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「やっくんの桜の木」事故現場近くで植樹。親友・岸田健作が明かす

お笑いタレント・桜塚やっくんさんが2013年10月5日に高速道路ではねられ37歳の若さで亡くなった。その事故をきっかけに始まったチャリティー企画「やっくんの桜の木プロジェクト」が、目標額に到達し、桜の木の植樹が行われることが2016年2月25日、わかった。

このまとめを見る