1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

渚・心愛さん

蚊によって媒介される感染症「ジカ熱」

蚊によって媒介される感染症「ジカ熱」が南米を中心に問題となっています。

ジカ熱とは?

ジカ熱とは、1947年にアフリカ・ウガンダの森林に住むアカゲザルから検出されたウイルスです。

蚊によって媒介される(血を吸われる)ことによって媒介されるウイルスですが、感染した場合、発熱・発疹・関節炎・筋肉痛や頭痛、めまい、下痢や嘔吐などの消化器症状といった症状を訴えるのが特徴です。

なおジカ熱ウイルス自体の予防接種や、治療薬は現在存在していませんので、感染した場合は、対症療法が主体となります。

ただし、不顕性感染といって、ジカウイルスに感染した人のうち、80%の人は症状が出ないことが指摘されています。

中南米で流行中のジカ熱

致死的な症状がでないにもかかわらず、WHOをはじめとした世界的な専門機関が警戒しているのは、妊娠中の女性がジカウイルスに感染した場合、小頭症の赤ちゃんが生まれる可能性あると報告されたためです。

なんだって!?

性交渉でも感染する可能性

小頭症とは、標準的な新生児に比べて、頭蓋骨が小さく、脳の発達に影響を与える疾患です。

実際、死亡した小頭症の新生児からジカウイルスが検出されており、妊娠中の女性がジカウイルスに感染すると小頭症の新生児が生まれる可能性があるのは間違いありません。

また、ケースとしては非常に少ないとしながらも、ジカウイルスに感染した男性の精液から、女性にジカウイルスが感染するケースがわかっています。

したがって、ブラジルをはじめとした流行地域に渡航して1ヶ月は、性交渉を控えるか、もしくはコンドームなどを使用すべきでしょう。

注意するべきジカ熱。だけど国内流行の可能性は低い!?

中南米で流行中のジカ熱。
なのに、なぜ国内での大流行の
可能性は低いと言われているのでしょうか。

実は、日本国内でジカ熱に感染した患者が発見されたのは、今回が初めてではない。2013年~2014年に、タイ王国およびフランス領ポリネシアから帰国した旅行者から、ジカ熱ウイルスが見つかっている。

厚生労働省は、ジカ熱を感染症法における第4類感染症法に指定する予定であり、罹患がみつかれば、必ず保健所などへの報告が必要になる。ジカ熱ウイルスは、一昨年の夏、騒動となったデング熱ウイルスと類縁のウイルスだが、一般的に症状が軽く、中には不顕性感染(ウイルスに感染しても症状がでない)の場合も珍しくない。

海外の症例では、性交渉でジカウイルスが感染したケースが報告されているが、海外渡航後、ジカウイルスに感染したことが明確になれば医師の指導の下に性生活を制限するなどすれば問題ないのではないかという意見が主流である。

一番心配なのは、感染流行だ。ジカウイルスは日本にも生息するヒトスジシマカによっても感染する。とはいえ、冬季のこの時期に、蚊が大量にジカウイルスを媒介するのは考えにくい。

ほっ(*^。^*)

備えあれば憂いなし!ジカ熱に感染しないように注意する必要はある!

夏季にあたることから、蚊の駆除を怠れば、感染流行が起こることはありうる。

厚生労働省をはじめ、各地方自治体が蚊の駆除対策を共同して対策にあたるだけでなく、リオデジャネイロオリンピック観戦についても、現地の感染症に詳しい医師にアドバイスを受け、渡航することが重要だといえる。

今年の夏季オリンピックはリオデジャネイロ
でしたね。
見に行かれる方も多いと思いますが、
中南米の旅行を楽しむためにも、
ジカ熱対策をしっかりして行かれることを
おすすめします。
また、中南米に渡航した際、
疑わしいかたがいらっしゃったら、
ジカ熱に対応できると思われる
総合病院に行かれることをお勧めします。

1