1. まとめトップ

足関節の整形外科的テスト【足首の疾患の見分け方】

ふくらはぎのアキレス腱断裂から足首の靭帯の損傷まで見分ける方法を簡単に説明しています。

更新日: 2017年09月04日

3 お気に入り 7229 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gojalさん

シモンズ テスト(Simmonds Test)

【検査法】
腹臥位(うつ伏せ)で膝関節がまっすぐな状態で後ろからふくらはぎを圧迫する。

【理論的根拠】
足の底屈(上に動く) が見られないときは、アキレス腱の断裂
シモンズテストは2つの関節をまたいでいる筋の腓腹筋の断裂をみます。

トンプソン・テスト(Thompson test)

【検査法】
腹臥位(うつ伏せ)で膝関節を90℃曲げた状態で後ろからふくらはぎを圧迫する。

【理論的根拠】
足の底屈(上に動く) が見られないときは、アキレス腱の断裂
トンプソンテストは腓腹筋がゆるんだ状態なのでヒラメ筋の断裂をみます

外側安定性テスト(Lateral Stability Test)

【検査法】
仰臥位(あおむけ)もしくは座位で足をつかみ内かえしに捻る。

【理論的根拠】
ゆるみがある場合、前距腓靭帯・踵腓靭帯(外くるぶし前方)の両方もしくは、どちらか一方の断裂がうたがわれる。

内側安定性テスト(Medial Stability Test)

【検査法】
仰臥位もしくは座位で足をつかみ外かえしに捻る。

【理論的根拠】
ゆるみがある場合、三角靭帯(内くるぶし下)の断裂がうたがわれる。

足関節チネル徴候(Tinel's Foot Sign)

【検査法】
腹臥位で膝関節を90°位曲げてもらい、後脛骨神経(内くるぶし後方)を打腱器で叩打する。

【理論的根拠】
痛みが足底まで放散する異常感覚があると、足根菅症候群

足関節以外の整形外科的テスト法

1