1. まとめトップ

最近活躍しているサッカー選手の経歴がすごすぎる

最近、活躍しているサッカー選手の経歴が映画レベルにすごいので、まとめてみました。

更新日: 2016年03月07日

西日問題さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 5893 view
お気に入り追加

ジェイミー・ヴァーディ

地元のサッカー・クラブであったシェフィールド・ウエンズデイに15歳で所属するも、背が低いという理由で翌年にチームを追われる

その後、ストックスブリッジ・パーク・スティールズ(8部)に加入。昼間に長時間工場で働いて、夜はフットボールの毎日

ストックブリッジ時代、難聴だった友人が馬鹿にされたのが原因で殴り合いの喧嘩になり、暴行容疑で逮捕。6か月間、所在がすぐに分かるように足首に電子タグを装着させられた

2010年、7部の強豪ハリファックス・タウンと契約。1年目からゴールを量産して、チームの得点王&最優秀選手賞を獲得。6部昇格に多大な貢献を果たした

このタイミングでようやく工場の仕事を辞め、サッカー一本で生計を立てる決意をした

2011年開幕4戦で3ゴールを決めた後、当時プレミア5部のフリートウッドに移籍。シーズン通算31得点を決め、翌2012年に当時プレミア2部のレスターに移籍を果たす

5部から2部にステップアップ

2013-14シーズンにレスターをチャンピオンシップ優勝に導き、2014年に27歳でプレミアリーグデビュー

2016年2月6日、レスター・シティとの契約を2019年6月30日まで延長。今回の新契約によって、週給8万ポンド(約1355万円)を受け取ることになると報じている

カルロス・バッカ

20歳までバス運転手の補佐として働きながら、アトレティコ・ジュニオールの2軍的位置づけにある2部のバランキヤFCでキャリアを始めた

さらにコロンビアのクラブ、アトレティコ・ジュニオールで得点量産して、ベルギーのクラブ・ブルージュへ移籍。移籍2シーズン目に得点王に輝き、セビージャへ移籍

ここでもシーズン21ゴールと猛威を振るいチームのUEFAヨーロッパリーグ制覇にも貢献。わずか1シーズンでリーガでも屈指のFWと評価されるまでになった

今季、セビージャからミランに加入したバッカは、得点ランク2位につけている。来季からバイエルン・ミュンヘンを率いるアンチェロッティ氏が関心を寄せているとも言われている

エンゴロ・カンテ

今季のプレミアリーグにおいてインターセプト回数、タックル回数、タックル成功回数でNo.1の記録を残しているカンテ

カンテはプロクラブのアカデミーや著名なクレールフォンテーヌ国立研究所の出身者ではない。JSシュレンヌという小規模のアマチュアクラブで育った

クレールフォンテーヌ国立研究所=フランス国立のサッカー施設

19歳になって3部リーグのブローニュへ入団。様々なトライアルを受けたにも拘らず、3部リーグに入団するのがやっとだった

しかしブローニュに入団後、わずか5年でプレミアリーグの選手となった

今シーズンの活躍を受けてフランス代表のデシャン監督がユーロ2016に向けて、初招集のタイミングを伺っていると言われている

異色の経歴を持つ日本人選手といえば…

インテル、日本代表で活躍する長友。

サッカーの強豪東福岡高校では、地区選抜などには選ばれず全国的には無名だったため、スポーツ推薦を得られず、進学先の明治大学には指定校推薦で入学

明治大学のサッカー部に入学したが、レギュラーになれず病気も重なりイジケてパチンコ三昧の日々を送りながら応援団で太鼓を叩いていた

その腕前は、鹿島アントラーズのサポーターから「うちでも太鼓を叩いてくれ」と勧誘に来るほどだったという

1 2





【おすすめまとめ】
バルセロナの選手たちが日本を満喫してたぞ http://bit.ly/1Qz6OBf
新米パパ、ママが楽しめる映画6選  http://bit.ly/1iKwueR