出典 gojalさんがアップロード

ストレッチテスト

【検査法】
患者の上腕を持ち、そのまま腕(肩関節)を伸展する。肩に痛みが出たら肘を曲げてもらい痛みが消えるか確認する。

【理論的根拠】
肩の痛みが出るとき、肘の屈曲で痛みが消え伸展で出ると、上腕二頭筋短頭付着部の腱炎を示唆する。

この情報が含まれているまとめはこちら

肩関節の整形外科的テスト法【肩の痛みの原因を知る方法】

肩の関節は全身の中で最も可動範囲が大きいので怪我が起きやすい部位になります。痛みの原因を知る方法が沢山あるのも特徴になります。ここではメジャーなチェック方法のみ紹介します。

このまとめを見る