実際に行う際は検査する側は患者の下に手を添えておきます。腱板断裂などで腕が急激に落ちる際にどこかにぶつけて怪我をすることを防止するためです。重症の方は腕を90℃まで上げる前に激痛を訴えるのもこのテストの特徴です。

出典肩関節疾患検査:ドロップアームテスト(drop arm test): 理学療法ノート

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

肩関節の整形外科的テスト法【肩の痛みの原因を知る方法】

肩の関節は全身の中で最も可動範囲が大きいので怪我が起きやすい部位になります。痛みの原因を知る方法が沢山あるのも特徴になります。ここではメジャーなチェック方法のみ紹介します。

このまとめを見る