1. まとめトップ
10 お気に入り 52008 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiiro0517さん

最近のキンプリに関するつぶやきの数々

やばい…キンプリ本当楽しかった…てか今世界が輝いて見える…やばいもう一回行きたい…

【キンプリ感想】なんだこの空間は、と思ってるうちに本編が始まって数十秒して泣いた。笑いすぎて涙が止まらなくなった。

キンプリシャブきめすぎると泣いて立てなくなる(?)

キンプリはいいぞー! 世界が輝いて見えるぞー!!! もう…///好き///

ハマる予定じゃなかったキンプリ中毒になってから予定がガタガタ。でも大丈夫プリズムパワーがあるから!あと3回は応援上映行きたい。頑張る。目の前にポスカ貼ってカヅキ先輩にキラメキッ★貰うよ!プリリズム見たらベル様にもはまってしまった。 pic.twitter.com/6jHFsxGApI

キンプリすごい良かった、笑いが堪えきれないとか尻からハチミツが出るとかって感想ばかり見てたからどれだけのものかと思って見たら、キラキラしたものや美しいものや愛や夢や前向きな感情をギュッと詰め込んだ塊を礫のようにぶつけて来て、その結果世界が輝いて見えるっていうすごい、すごい良かった

なあさんとキンプリ応援上映キメてきた 本当に尻から蜂蜜出てたし銀河鉄道でハリウッドに旅立って 目に映る世界すべてがプリズムのきらめきに満ち溢れて見 えるし自分でも何を言っているのかわからねえがとりあえずキンプリはいいぞ #ひぃまにあ pic.twitter.com/7n6E1ROsxB

「キンプリ」見てきました。光になりました。今なら、あのレポートマンガたちが分かる。分かりすぎます。

「キンプリ」 冒頭から、サービス精神のシャワーに撃ち抜かれました。文字通り息つく間のない速射砲です。上映が終わると会場は拍手に包まれ、みんな笑顔になってました。劇中の現象がまさに実現してる! スタァすごい!!! フルスイングなこの作品が賞賛されてほしい。そしてぜひ続編が見たい。

キンプリとは

『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(キング・オブ・プリズム バイ プリティーリズム)は、2016年に公開された日本のアニメーション映画。

『レインボーライブ』に登場した男子プリズムスター3人がテレビシリーズ最終話で新ユニット・Over The Rainbowを結成して以降のエピソードを描く完全新作の劇場版。

女児向けアーケードゲーム原作のTVアニメ「プリティーリズム」シリーズのスピンオフ作品だ。

映画『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』5枚綴りグループ前売り鑑賞券「もふもふマフラーver.」/(C)T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会/公式Webサイトより

舞台設定は「プリズムショー」をめぐる物語であり、『レインボーライブ』のキャラクターは登場するものの、ほとんどのキャラは新規キャラ。

そしてなによりターゲット層が、どうやら女児ではなく、大人の視聴者のようだ。

映画はどんな感じかというと…

KING OF PRISM by PrettyRhythm キービジュアルの前売り券。

正統派イケメンの氷上のプリンス・速水ヒロ、大人の色気漂う天才アーティスト・神浜コウジ、やんちゃな少年のようなストリートのカリスマ・仁科カヅキが、王子様のような衣装を身にまとい、ステージに立っている。

3Dモデルで描かれる激しいダンスにポップな曲調の歌。そして、フィギュアスケートのジャンプ!

ただ歌って踊るだけではなく、まるでフィギュアスケートのジャンプのように見えるのは「プリズムジャンプ」。これをキメると画面いっぱいがキラキラするなど、ついつい心がきらめきそうになる演出が盛り沢山だ。

プリズムショーをやっている男子3人組は「Over The Rainbow」(通称「オバレ」)というユニットで、プリズムスタァと言われている。

1 2 3 4