1. まとめトップ

【大型新人】【サチモス】 Suchmosとは一体・・・・

2013年結成。ACID JAZZ&HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされたSuchmos。都内ライブハウス、神奈川-湘南のイベントを中心に活動中。

更新日: 2016年07月19日

kuzzbookさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 56528 view
お気に入り追加

期待の新人!! Suchmos 【サチモス】

2013年結成。ACID JAZZ&HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされたSuchmos。都内ライブハウス、神奈川-湘南のイベントを中心に活動中。メンバー全員神奈川県育ち。Vo.YONCE.は湘南・茅ヶ崎生まれ、レペゼン茅ヶ崎。Suchmosの由来は、スキャットのパイオニア、ルイ・アームストロングの愛称サッチモからパイオニアとなるべく引用。『FUJI ROCK FESTIVAL '14』の「ROOKIE A GO-GO」2日目のトリを務める。普段からバイブスを共有していた、YONCE(Vo)、HSU(Ba)、OK(Dr)に、TAIKING(Gt)、KCEE(DJ)が加入。

2014年の『FUJI ROCK FESTIVAL '14』でブレイクの片鱗を見せた。同フェスで「ROOKIE A GO-GO」2日目のトリを務めたSuchmosは、高い演奏力と苗場の夜にピッタリのメロウなグルーヴで観客の心を奪い、一気にインディーシーン内で要注目のバンドに躍り出た。

ボーカル・YONCEのアグレッシブなリリックと、バンドサウンドがメロウに同居していること。歌詞は<戦争は儲かるか? 平和はゴミか?>と世の中への風刺的なものや<cityなんかよりtownだろ>(「Pacific」)といったシーンを揶揄するフレーズなど、クールに自分たちの立ち位置を示している。ここにバンドがグッドメロディと強靭なグルーヴをセッション形式で加え、独特の色艶を持った楽曲群が完成した。

強みは、12曲中4曲に携わるベーシスト・HSUの存在だ。彼は両親がジャズやディープな音楽を好み、原体験から深い音楽に関わってきたことや、ジャコ・パストリアスに憧れていたこと、元ギタリストという来歴を聞いて「なるほど」と膝を打つような、動きのあるプレイが特徴のベーシスト。アルバムでは前半の「GAGA」「Miree」といったキャッチーなライブ定番曲を作詞作曲しているが、12曲を通して聴いたとき、改めてSuchmosの楽曲群において、ひときわ飛距離のあるメロディを生み出す彼の大きさを感じる。

@chicco2525 ちっこ。今ハマってるsuchmosっていうバンドのstay tuneって曲YouTubeとかでみてほしいちっこ絶対好きになってくれるはず!

ジャズ、ヒップホップの要素はもちろんのこと、日本で育ったがゆえに自然と耳にしたであろうJ-POPの要素が皮膚感覚として埋め込まれている。
1stアルバム「THE BAY」はロングヒットを記録中!
2016年1/27 発売2nd E.P.「LOVE&VICE」をリリース。

タイトルのネーミングや作詞は別にして、実は曲作りの際には、地元感やクラブミュージック感などは意識したことがないそうだ。だが、それでも潮の香りや心地よい気だるさが感じられるのは、きっと生まれ育った環境から自然とにじみ出てくるものだろう。売れるとか売れないとか世の中がどうとか関係なく、ただ自分たちがカッコイイと思うものをメンバー同士で共有し、それを音楽として作っているだけ。そんなことを胸張って言えるバンドが、音楽シーンを動かしていく時代は、きっと彼らが中心になって作られて行くだろう。

1





「今」必要な情報をビッグデータの中から特選し、ユニークかつクリエイティブな身につく情報をお届け!!!

↓↓↓オススメ映画情報↓↓↓
http://ameblo.jp/kuzzbook