1. まとめトップ

児童養護施設ってどんなとこ?ー親元で暮らせない3万人の子どもたちー

ドラマ「明日、ママがいない」で物議を醸した、児童養護施設。児童養護施設がどんな場所なのか、どうして子どもたちが入所するのか、などまとめました。

更新日: 2016年04月13日

2 お気に入り 4856 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyo888さん

28,188人の入所児童。595か所の施設。

“施設”ってどんなとこ?

児童福祉法 第41条 児童養護施設は、保護者のいない児童、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせて退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うことを目的とする施設とする。

法律に基づき設置されている。

同じ児童養護施設でも、施設の形態によって生活環境がかなり異なります。
全施設の6割は、大舎制という形態をとっています。一つの大きな建物の中に、一つの大きな玄関、食堂、浴室などがあり、子どもたちの居室は、個室から8人部屋などに分かれています。生活の管理がしやすい反面、プライバシーが守られにくい、家庭的雰囲気が出しにくいなどの問題があります。

また、地域社会の住宅を利用して6人を基準に少人数の児童と職員が入居して生活する「グループホーム」も増えています。

”施設”と言えど、グループホームのように一軒家を借りて少人数で暮らすものもある。

どうして入所することになるの?

母の放任・怠だ 3,878件

母の精神疾患等 3,519件

母の虐待・酷使 3,228件

父の虐待・酷使 2,183件

トップ5(その他を除く)は全て親の問題でした。

子ども虐待には、大きく4つのタイプがあります。
(1)殴る、蹴るなどの身体的暴力を行う身体的虐待、
(2)「ばか、お前なんかいないほうがいい」などの言葉の暴力を行う心理的虐待、
(3)性的な行為を強要する性的虐待、
(4)子どもの心身の健康な成長・発達に必要な世話・対応をしないネグレクト
の4種類です。

児童は児童養護施設から措置される

児童相談所の主な機能として、市町村支援機能・相談機能・一時保護機能・措置機能の4つがあります。

子どもが一時保護されたのち、入所が妥当だと判断されると児童養護施設に措置されます。(児童福祉法第27条)

都道府県又はその委任を受けた児童相談所長は,保護者に児童を監護させることが著しくその児童の福祉を害する場合で,施設入所等の措置が保護者である親権者等の意思に反するときは,家庭裁判所の承認を得て,施設入所等の措置を採ることができる(児童福祉法28条1項1号)

入所には親権者の同意が必要だが、親権者の意思に反して措置することもある。

入所が妥当と判断されるまでは一時保護所で暮らす

緊急の保護が必要な子どもを児童相談所が一時的に保護する施設。主に虐待で心身が危険な状態にある子どもが保護対象だが、非行少年や保護者がいない子どもも対象となる。

「安全を守るため」外出は厳しく管理され、事実上、
特別な事情がない限り子どもたちは自分の意思で外に出ることはできません。

保護中は学校に行くこともできない。

平均滞在期間は40日弱。
法律上最長は二ヶ月とされ、それ以上に及ぶときは審議会の認可が必要になりますが、
親元に帰れない、措置先も見つからない児童が1年以上滞在するケースもあります。

1