1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

入社前に読んでおきたい!新社会人にオススメの良書7冊

社会人生活をスタートする前に、どんな意識、心構えを持つかはスムーズに仕事をしていく上でも大切なことですよね。そこで、社会人になる前に読んでおくと何かと学びになるおすすめの本をご紹介しています!

更新日: 2016年05月20日

amasayaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2333 お気に入り 119581 view
お気に入り追加

●絵本仕立てで、社会人としてのマナーが一通りわかる本

西出博子 (監修)
伊藤美樹 (絵)

企業勤めの人、専門職、販売員、アルバイトなど、すべての仕事に携わる人に向けた、実践的マナー本。

仕事の基本的なマナーから、職場の人間関係を快適にし、仕事の段取りを円滑にするための仕事術までを、オールカラーのイラストでわかりやすく紹介。

入社前に一通り読むと良い本。単純なマナーのみならず、仕事の進め方やホウレンソウの仕方等も描かれており、1年目の指針になると思う。

ビジネスマナーや社会人としての心持をしっかりと分かりやすく表現した本で、読んでいてとてもためになりました。

●カタチだけではなくココロが大事だと実感できるマナー本

岩下 宣子 (著)

2005年初版発行ながらマナー本のランキング1位を続けている本。

247の事例と豊富なイラスト!日常生活のさまざまなシーンでの疑問も無事解決!!初級の作法、基本の1冊!

日常生活のさまざまなシーンでの疑問も無事解決!!」とのキャッチコピー通り、ビジネス含む日常のふるまいから、言葉遣いや付き合い関連のお金のマナーまで、超具体的に理由付きで解説。

まず、自分が日頃何気なく行っていう行動が、常識かどうか?をチェックできます。もしも、間違っているなら恥ずかしい・・・という事になりませんか?

●社会人1年目の行動計画をつくるのにも役立つ一冊

岩瀬 大輔 (著)

ベテランも新人も、今日から仕事への取り組み方や考え方がすぐに変わり、一生役に立つ「指針」となる一冊。

東大×MBAで30代でライフネット生命保険の副社長になり、ダボス会議の「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」に選出された著者が初めて語る、仕事における原理原則とその具体的方法。

「優等生」が社会人になった場合に陥りやすい間違いについて詳しく述べられており、「学校では良しとされる行動でも、社会ではマイナスに働く」良い例が随所に出てきます。

また、会社という組織にいる以上個人で100点を目指すよりも、素直になり、短時間かつ総力戦で仕事に臨むことがどれほど有用であるかを実感した。

●しゃべる人より相手の話を引き出せる人の方が信頼されると思う

鳥居 勝幸 (著)
堀井 計 (著)

単なる営業パーソンでなく、いろんな場面で顧客に深く関わっていける存在になるためには? 本気で高関与営業に取り組む人に贈る、自分を振り返りたくなった時の超対話術。

とにかく営業マンは商品やらサービスやらを売らなければならないがために、しゃべりすぎなんだと言うこと。

単なる物売り、売り子、ではなく、ただのセールスマン、でもなく、本当に素晴らしい、一流のセールスパーソンとしてのあり方、やり方が惜しみなくふんだんに散りばめられており、お客様から選ばれる理由、仕組みが手に取るように分かる一冊なのです。

●テクニックとかより強く生きる智恵が書かれてある

佐々木常夫 (著)

強さだけでは幸せになれない。根底に「優しさ」を持つことが、人を幸せへと導き仕事を成功させる―。

度重なる転勤や破綻会社の再建、妻の自殺未遂、自閉症となった我が子の育児など、仕事でも家庭でも数々の苦難を乗り越えてきた著者が、仕事と人生をたくましく生き抜く方法を語る、若手ビジネスマンのための一冊。

『働く君に贈る25の言葉』は、東レ代表取締役や大阪大学客員教授を務めた佐々木常夫が、自らの経験を元に書き上げたビジネス書。

佐々木さんが人生で学んだこと(特に仕事を中心に)を、甥っ子への手紙という形で、25の話をされている内容です。

佐々木さんは極めて日本人的である。人としての温かみがある。どうやればうまくいくのか日本人の目線で語りかけてくれる。ただの仕事のスペシャリストではなく、家庭面との両立、人としての幅の広さが感じられる。

●読んだことがない人は社会に出るのをきっかけに読んで欲しい名著

松下 幸之助 (著)

本書は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集。

これまで、どれほど多くの人が本書に勇気づけられ、また成功への指針としてきたことか。この本には、時代を超えて生き続ける不変の真理があるからである。

偉大な経営者である松下幸之助が残した言葉には深い意味があり、仕事をする上での心の持ち方が参考になる。

押し付けがましくなく、非常に落ち着いた論調で、お爺さんから話を聞いているようだった。

●優秀レベルではなく伝説レベルの新人になれるかも!?

紫垣 樹郎 (著)
小宮 謙一 (著)

20代の若手社会人たちが潜在的に持っている、成長しようとする意欲に火をつけて、短期間で優れた思考習慣、行動習慣をマスターさせて突き抜けた存在へと変えていくことで話題の講座「伝説の新人養成プロジェクト」。

毎回、とても熱気にあふれた講義やグループワークが行われていますが、この養成プロジェクトの内容をわかりやすく書籍化したのがこの一冊です。

本書は社会に出たばかりの“新人”たちに向けて、超一流の突き抜けたビジネスパーソンになるための10個の法則を教えてくれる一冊。まさに「伝説の新人の十戒」と言うべき本といえる。

タイトルだけを見ると「暑苦しい自己啓発本」というイメージを持ちがちだが、実際社会人としての基本がメインのためすっと入ってくる。

全部を真似しなくても、一部取り入れていくことで仕事のクオリティは上げられます。

1 2





amasayaさん



  • 話題の動画をまとめよう