1. まとめトップ

MLB 球史に残るクローザーランキング

メジャーリーグの通算セーブ数をもとに歴代のランキングトップ10のピッチャーについてまとめました。

更新日: 2016年04月04日

2 お気に入り 68660 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

msakmtbさん

1位 マリアーノ・リベラ Mariano Rivera 652セーブ (1995–2013)

1969年、パナマ生まれ。1990年、ドラフト外でニューヨーク・ヤンキースと契約。“魔球"カットボールを武器とし、メジャー初昇格の1995年から2013年の引退まで19年間にわたってヤンキースに所属しつづけた。
デレク・ジーターらとともに黄金時代の中心選手となり、1996、98、99、2000、09年の計5回、ワールドチャンピオンを獲得した。通算セーブ数652はギネスブック公認の世界記録。ポストシーズンでの42セーブもMLB歴代最多記録である。オールスターゲーム選出13回。
敬虔なクリスチャンであり、野球界を代表する人格者としても知られる。

試合数 1115
投球回 1283.2
勝敗   82–60
防御率 2.21
奪三振数 1,173

所属チーム
ニューヨーク・ヤンキース(1995-2013)

2位 トレバー・ホフマン Trevor Hoffman 601セーブ (1993–2010)

速球とチェンジアップの組み合わせを軸としており、これらの球種を同じ腕の振りから投げ分けて打者に狙い球を絞らせないことで、これまでに多くのセーブを積み重ねてきた投手。プリンス・フィルダー は「彼がボールを手から離したとき、球がすっぽ抜けたように見えるから『思いっきり打ち返してやろう』と思うんだ。ところが、バットを振ってもボールはそこにはないんだよ」と語っていますし、チャド・トレーシーは「まるで彼がボールに紐をつけて操作してるみたいだ」と・・・ 。ホフマンは「他の球種と握りが違うだけで、同じ腕の振り、同じスピードで投げている。握りが違うと、それだけでボールが違う動きをする」と語っています。

試合数 1035
投球回 1089.1
勝敗  61–75
防御率 2.87
奪三振数 1,133

所属チーム
フロリダ・マーリンズ (1993)
サンディエゴ・パドレス (1993 - 2008)
ミルウォーキー・ブルワーズ (2009 - 2010)

3位 リー・スミス Lee Smith 478セーブ (1980–1997)

長期間歴代最多セーブ記録を保持しながらも殿堂に迎え入れられていない剛腕ストッパー。

試合数 1,022
投球回 1289.1
勝敗  71–92
防御率 3.03
奪三振数 1,251

所属チーム
シカゴ・カブス(1980 - 1987)
ボストン・レッドソックス(1988 - 1990)
セントルイス・カージナルス(1990 - 1993)
ニューヨーク・ヤンキース(1993)
ボルチモア・オリオールズ(1994)
カリフォルニア・エンゼルス(1995 - 1996)
シンシナティ・レッズ(1996)
モントリオール・エクスポズ(1997)

4位 ジョン・フランコ John Franco 424セーブ (1984–2005)

左腕として、最多の通算セーブ記録を保有。生粋のリリーフ投手で、生涯一度も先発登板を果たしていない。

試合数 1,119
投球回 1245.2
勝敗  90–87
防御率 2.89
奪三振数 975

所属チーム
シンシナティ・レッズ (1984 - 1989)
ニューヨーク・メッツ (1990 - 2004)
ヒューストン・アストロズ (2005)

メッツがヤンキースとのワールドシリーズに出場した2000年のナショナルリーグの地区シリーズ。サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズから三振を奪い、チームを勝利に導いた。フランコはこの時にはクローザーの座をアーマンド・ベニテスに譲っていたが、9回にセーブを失敗し同点に追いつかれていたため、その後勝ち越した際にフランコの出番となった。

5位 ビリー・ワグナー Billy Wagner 422セーブ (1995–2010)

最速101mphの剛腕クローザー。左腕のクローザーとしてはジョン・フランコに次ぐ2位のセーブ数を誇る。

試合数 853
投球回 903.0
勝敗  47–40
防御率 2.31
奪三振数 1,196

所属チーム
ヒューストン・アストロズ(1995 - 2003)
フィラデルフィア・フィリーズ(2004 - 2005)
ニューヨーク・メッツ(2006 - 2009)
ボストン・レッドソックス(2009)
アトランタ・ブレーブス(2010)

屈指のクローザーであったBilly Wagnerもポストシーズンでは活躍できず。日本のファンには、田口壮が大活躍したこの試合を思い出す人も多いはず。

6位 デニス・エカーズリー Dennis Eckersley 390セーブ (1975–1998)

メジャー通算24年間で先発、リリーフ両方で才能を発揮。通算197勝、390セーブを誇り、資格を得た1年目に殿堂入りした名ピッチャー。

1 2 3