1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大島優子も登場!最終回に向け朝ドラ「あさが来た」が盛り上がってる!

放送中のNHKの朝ドラ「あさが来た」。放送開始から視聴率も好調なドラマですが、新キャストの大島優子さんの登場や、人気キャストのディーン・フジオカさん演じる五代友厚の再登場、亀助のスピンオフなど、2016年4月の最終回に向けいろいろと盛り上がっています。ラストが近い人気朝ドラをまとめました。

更新日: 2016年03月04日

10 お気に入り 50939 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・放送中のNHKの朝ドラ「あさが来た」

2015年10月にスタートした2015年度下半期のNHK連続テレビ小説「あさが来た」

幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子をモデルにしたNHK連続テレビ小説

「明治の女傑」の名で知られる広岡浅子をモデルに、京都の豪商の次女・今井あさ(波瑠さん)が大阪で実業家となり、日本初の女子大学設立に奔走する姿を描く

・放送開始から視聴率も好調なドラマ

放送開始から視聴率も好調

放送開始1週目、平均視聴率20.3%の好スタートを切り、以降も20%を割ることなく推移

第21週「夢見る人」(2016年2月22~27日放送)の週間平均視聴率も24.4%を記録。初週から続き、21週連続で20%の大台超えとなり、好調をキープ

放映中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」は視聴率が毎回ほぼ20%を超え、近年の朝ドラの中でもかなりの好調をキープしている

・その「あさが来た」、2016年4月の最終回に向けいろいろと盛り上がっている

▼ディーン・フジオカさん演じる五代友厚が再登場

NHK連続テレビ小説「あさが来た」で大人気となりながら、2016年1月22日の放送分で亡くなった五代友厚が2月22日に復活

俳優のディーン・フジオカ(35)が演じた五代友厚が他界し、女性ファンの間で「五代ロス」が巻き起こり話題になったのは1月のこと

ディーンの五代役をめぐっては、あさの成長を支えるキーパーソンとして第3話に登場して以来、人気が急上昇。死去後は、ネット上に悼む声があがるなど“五代ロス”が話題に

フジオカさんが演じる五代は、あさ(波瑠さん)の商売をサポートする人物で、視聴者から人気を集めていたが、第16週「道を照らす人」(1月18~23日放送)で亡くなってしまった。が、22日の放送で、あさが、元気だったころの五代を夢で見るシーンに再登場

1カ月ぶりの登場に、ツイッター上では「五代さんきたーー!」「お久しぶり、五代さま」「やっぱりかっこいい」と喜びのコメントが続々。「五代さま再登場からの再び五代ロス。回想でいいからたくさん五代さま出して下さい」「NHKさん一生のお願いです。五代さまのスピンオフを作っとくなはれ!」と願う人もいる

再登場自体は当初の構想にあったとはいえ、制作統括の佐野元彦エグゼクティブプロデューサーは「(視聴者から)最近のドラマにはない反響をいただき、(再登場に)意を強くした」と話している

▼ふゆ役の美少女・清原果耶さんも再登場

ふゆ役で人気を集めた清原さんも再登場へ

モデルで女優の清原果耶さん(14)が、放送中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」に再登場することが3月3日、明らかになった

清原さんは、加野屋の番頭だった亀助(三宅弘城さん)と結婚したふゆを演じたが、ふゆの娘・ナツ役として再登場

清原はふゆ役を演じて、その清楚な美少女ぶりが話題に。佐野プロデューサーは公式ツイッター上で「再登場の要望を視聴者の皆様から頂いていた清原果耶さんが亀助自慢の娘・ナツ役で登場して、確かな演技力をみせてくれます」とコメント

清原さんは、再登場について、「今度は亀助さんとふゆの娘役を演じると聞いて、まさに“びっくりぽん”でした。道ならぬ恋をしたり、結婚したり、出産したり、母になったり、子になったりと本当にいろいろな経験をさせていただき、感謝しています」と喜んでいる

同ドラマは、ディーン・フジオカさんが演じる五代友厚が人気で、再登場したことも話題になったが、清原さんも視聴者の要望が多く集まり、再登場することが決まったという。ナツは3月28日からの最終週に登場する

▼元AKBの大島優子さんも新キャストで登場

大島優子さんが、平塚らいてう役で登場へ

元AKB48の女優・大島優子(27)が連続テレビ小説「あさが来た」に平塚明(はる)(後の“平塚らいてう”)役で出演することになった。3月3日、同局から発表された

1 2 3