1. まとめトップ

【山形マット死事件】加害者犯人の現在がヤバすぎる…新庄市立明倫中の児玉有平くんの遺族かわいそう(画像

http://matome.naver.jp/mymatome/blackmans「最高裁で判決が確定したくらいで、賠償金なんか払えるか」 加害者側、改めて主張

更新日: 2016年03月04日

4 お気に入り 94278 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

blackmansさん

【山形マット事件】「最高裁で判決が確定したくらいで、賠償金なんか払えるか」 加害者側、改めて主張

新庄市で1993年に起きた明倫中マット死事件で、死亡した児玉有平さん=当時(13)=の遺族が、最高裁で確定した損害賠償金約5760万円の支払いに応じていない元生徒7人のうち、3人を相手に同額の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が1日、山形地裁であった。

しかし一方で「7人全員は無実であり、賠償金を支払うわけにはいかない」と主張し請求棄却を求めた。3被告側は準備書面で、有平さんへの暴行を認定した判決は「事実に反する」と指摘。「遺体の傷は少年たちが自白したとされる調書の犯行態様と矛盾する。マットの空洞への押し込み行為は実行不可能」などと反論した。

遺族による損害賠償請求訴訟で最高裁は2005年9月、集団暴行を認め、7人に計約5760万円の支払いを命じた。

山形マット死事件 詳しく

山形マット死事件(やまがたマットしじけん)とは、1993年(平成5年)に山形県新庄市立明倫中学校で発生した男子中学生の死亡事件。俗に「マット死事件」・「マット事件」「明倫中事件」とも呼ばれ、学校現場におけるいじめの深刻さを明らかにし、少年法改正への気運を醸成した象徴的事件として、今日でも取り沙汰されている。

1993年(平成5年)1月13日夕方、山形県新庄市立明倫中学校1年生の男子生徒が、同中学校の体育館用具室内で遺体となって発見された。生徒の遺体は巻かれて縦に置かれた体育用マットの中に逆さの状態で入っており、死因は窒息死であった。

山形県警察は傷害および監禁致死の容疑で、死亡した生徒をいじめていた当時14歳の上級生3人を逮捕、当時13歳の同級生4人を補導した。警察の事情聴取ではこれら計7人の生徒は犯行を認めていた。

だが、その後児童相談所に送致された1人を除く6人の生徒は、犯行自供を撤回し、犯行の否認やアリバイの主張をし始めた。これに対して1993年8月23日、山形家庭裁判所は、逮捕された上級生3人に対し、刑事訴訟における無罪に相当する非行なしを理由とする不処分の決定をした。一方、補導された同級生3人に対しては同年9月14日、2人に初等少年院送致、1人に教護院送致の保護処分が決定された。これに対し3人は処分取り消しを求め仙台高等裁判所に特別抗告するが、「アリバイは認められない」として抗告は棄却された。それに対し最高裁判所へ再抗告もしたが、再び棄却された。

そして翌1994年、7人全員に対し、刑事裁判の有罪に相当する保護処分が確定。これに対し少年は事故死を主張して山形地方裁判所に提訴。その後1995年に、死亡した生徒の両親が少年7人と新庄市に対し1億9400万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こす。この際、少年らは山形地裁への提訴を取り下げた。

2002年3月19日、民事訴訟に対し山形地裁は「事件性は無い」として原告側の訴えを退ける。両親は仙台高裁に控訴し、2004年5月28日、仙台高裁は一審判決を取り消し、少年7人に5760万円の支払いを命じる。少年らは上告するが、2005年9月6日に最高裁は上告を棄却、元生徒7人全員が事件に関与したと判断、約5760万円の支払いを命じ不法行為認定が確定した。原告側の代理人弁護士によると、結審から10年を経過した2015年時点で任意の支払いに応じた元生徒はいないという。

損害賠償請求権は2015年9月には10年間の時効にかかることから、その前に時効の中断の手続として元生徒7人のうち4人には債権の差し押さえ等の措置がとられたが、3人については勤務先の会社が分からないなどの理由で手続が進まなかったため損害賠償請求権の時効を中断させるための提訴が行われた

インターネット上の声「2ch]

174: 2016/03/02(水) 11:37:57.67 ID:ZK9cIfgb0.net

>>1
東北は法律が違うんだぜ。
村の掟のほうが優先。

53: 2016/03/02(水) 10:41:50.38 ID:/7kWTkwi0.net

>>1
正直、払わなくても何もされないなら
俺も払わないと思う

191: 2016/03/02(水) 11:45:47.07 ID:Xf7aqH2g0.net

>>1
未だに反省も成長も無い人生だな
マット県と永遠に呼ばれるがいいわ

348: 2016/03/02(水) 14:17:21.06 ID:lc6yfSnK0.net

というか、>>1みたいなのって許されるの?
これが許されるなら、いくら最高裁で確定しても10年毎に「自分は無罪」って裁判できるってことじゃん。
実質、永遠に確定しないじゃん。

384: 2016/03/02(水) 15:31:21.55 ID:5GMn7F190.net

>>348
民事と刑事は別

刑事では最高裁で有罪確定、これは再審でもない限り覆らない
民事でも賠償せよという判決は確定
しかし賠償を支払わないまま10年が過ぎると賠償金を請求する権利が失われる

そのためまた民事裁判を起こした

9: 2016/03/02(水) 10:28:01.02 ID:ZRaBBoon0.net

やはりいじめっこは害でしかないんだな

11: 2016/03/02(水) 10:29:39.59 ID:2DVhqtl80.net

この判決が有罪だったとしても
加害者側はそれに従うとは思わないのだが
裁判やる意味あるの?

160: 2016/03/02(水) 11:31:02.40 ID:HXhPD7Ik0.net

>>11
加害者がちゃんとした職に就けば給料を差し押さえされる
まともな人生を妨害できる

1 2