1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あなたは大丈夫?観光地でのカメラマナーを見直そう!

旅行や観光地といえば写真撮影!でもそのカメラマナーで大丈夫? 今一度、見直してみましょう。

更新日: 2016年03月04日

apricothomeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
51 お気に入り 87756 view
お気に入り追加

観光といえば写真撮影!

綺麗な景色、珍しい食べ物。
観光旅行していると、カメラをついつい向けたくなりますね。

しかしこの「撮影」という行為で、悲しいニュースも起きています。

私有地の畑の中に立っていたが、老化に加えて、無断で入り込むなどマナーの悪い観光客らが増え、所有者の農家が決断

より近くで撮影したい、見たいといった気持ちからか、NHKの取材によると農作業用のトラクターに勝手に乗り込む、ジャガイモの花盛りの時も侵入してくるなど、かなり悪質な人物もいた

これは悲しい事件でした。

考え直したい、カメラマナー

他人事じゃないかも。

気になる他のカメラマンのマナーの悪さ。
もしかしたら、あなたも知らず知らずのうちに他の人に迷惑をかけているかもしれません

ついつい撮影に夢中になるあまり、少しでも良い写真を撮りたいと願うがあまりに、他の方にご迷惑をお掛けてしまっていた

みなさん写真を撮るのはいいですが基本的にマナーは守りましょうね

スマホで手軽に写真を撮れる時代。
だからこそ、カメラマナーはきちんとしないといけませんね。

今回は気をつけたいカメラマナーを3つご紹介します!

▼料理がくるたびに写真ばかり

SNSにアップするために撮る人も多いですが、やりすぎには気をつけたいところ。

女性セブンが男女200名を対象に行ったアンケート調査からは、外食の際に注文した料理を撮影することがあるという人は、全体で42.5%に上った。なかでも20代の女性では特に多く、「撮影する」と答えた人が70%にも

撮る人は年々多くなっています。

料理が運ばれてくるたびに、写真を撮っていたら食事とSNS、どちらを楽しんでいる状況なのか分からなくなります

特に誰かといるときには、気をつけたいですね。

写真を撮るのに夢中になり過ぎて、食事をするスピードが遅れると、サーブする側や他の人に迷惑を掛けることにもなります

「ご自由にどうぞ」「礼儀としていかがか」店側も様々

お店にとってはグレーゾーンの行為。

記念としてどうしても写真に残しておきたいときは店側の意見を聞きましょう。

最近お店の写メこうやってあげるのよくみるけど、いいのかなぁって気になる…。撮影OKのスペースとか店員さんから許可ありとかならいいんだけどさ…。

写真見てる人で気になっている人もいるかも。

▼自撮り棒・三脚による迷惑行為

こんな広々とした場所ならいいのですが、観光地は人が多いもの。
その中での自撮り棒や三脚使いには、注意が必要です。

(自撮り棒は)伸ばすと1m近くの長い棒になり、ある意味「武器」になってしまう可能性があります

外国の方が観光地で自撮り棒を使って写真を撮っていましたが、自撮り棒構えたままターンしたので殴られそうになりました

京都四条大橋西なう。歩きスマホならぬ歩き自撮り棒の若い女二人連れ。危ないよ…

まわりの人に迷惑にならない使い方をしましょう。

三脚はアマチュアカメラマンによる写真へのこだわりがマナー違反に繋がることが多い。

ダメって書いてあるのに、何故か三脚立ててる人います

撮影禁止、三脚禁止を見逃していませんか?

撮影に夢中になるあまり、細い通路で脚を広げたままの人をときどき見かけます。(中略)「すいません」と声をかけられた上に「ちょっと待って」などとシャッターを切り終えるまで通行人を待たせるケースも

マナー悪いカメラ持ちは本当に迷惑。あの手の方々と同一視されるのが嫌で、三脚は持ち歩かなくなりました…

1 2





apricothomeさん

生活・雑学・ニュース・ファッションなど。
好きなことや気になることについて、まとめていきます。

このまとめに参加する