1. まとめトップ

【日本にある世界の絶景】もうひとつの「天空の鏡」ウユニ塩湖

ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」があるのだとか!

更新日: 2016年03月04日

2 お気に入り 3860 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fukurotozさん

死ぬまでに行きたい世界の絶景

ウユニ塩湖は日本の裏側とも言える、ボリビアのラパスというところにあります。日本からはアメリカで乗り継ぎラパスまで行き、ラパスからウユニまでも飛行機で1時間ほどかかります。バスなどの陸路だと10時間以上かかってしまうという。最近では日本でもウユニ塩湖のツアーが用意されていますが、相場は4、50万と言われています。

日本にあるもうひとつ「天空の鏡」それが「江川海岸」

都内から1時間の場所。千葉県の木更津にありました。知る人ぞ知る「江川海岸」。全国各地からわざわざ江川海岸だけを撮りに来るマニアックな人もいるんだとか。ウユニ塩湖は行けなくても、江川海岸なら都内からも近くて嬉しい。


[詳細]
【住所】千葉県木更津市江川576-6
【問い合わせ】043-841-2234
【アクセス】
●電車の場合
内房線巌根駅下車(タクシーで約5分)
●車の場合
アクアライン連絡道 木更津金田I.Cより江川海岸まで約5キロ

暖かい季節になると簀立てや潮干狩りで大変賑わう場所です。引き潮で出来た潮溜まりや、人が少なくなった潮が満ちた海辺には、水鏡と化した鏡にウユニ湖ばりの景色が浮き上がります。

【開催期間】2015年4月4日~7月5日
【料金ほか】大人1600円(2kg)、小人(小学生)800円(1kg)、1kg超過につき800円

住所:千葉県木更津市北浜町
アクセス:木更津金田インターから車で約5分

この「蔦七沼」は神秘の沼と言われる7つのうちの最も大きな沼。紅葉シーズンには観光スポットとして多くの人がこの景色を見に訪れる。燃えるような蔦の群れが沼にも燃え広がっているかのようで圧巻。

見頃は早朝の朝焼けが差し込むころだそうで、この幻想的な景色を収めようとカメラマンたちも多く訪れている穴場スポット。夏・冬通して色んな幻想を映し出すこの場所は、まさに日本ならではの『ウユニ塩湖』ではないだろうか。

住所:青森県十和田市奥瀬
・アクセス:青森中央ICから約1時間

出典ow.ly

日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。

出典ow.ly

人を寄せつけぬ神々しさで、アイヌ民族からは「カムイ・トー(神の湖)」と呼ばれるほどの神秘の空間が広がります。

出典ow.ly

冬はまた違った姿をみせてくれるのでいろいろな
季節に訪れたい。

出典i1.wp.com

テダ御川は「てだうっかー」と読むそうで、太陽神(テダ)が降臨したとされる場所。海辺を目指して歩いて行くと、海中の珊瑚やなどが堆積してできた「琉球石灰石」がそこかしこにたくさん転がっており、ちょっと驚き。そして浜辺で水平線の彼方まで、水面に映る空がとってもステキです。

1 2