8000メートル級の高山には微生物もいないのか、遺体はほとんど腐敗しないのです。宗教観の違いもあって西洋人は、(自分の意思で山に登った登山家の)遺体の回収にそれほどこだわらないから、わざわざ人手をかけて降ろすこともしません。だから、エベレストの山頂付近には、こうした遺体がゴロゴロしているのですよ

出典【BOOK】登山家・野口健さんの初写真集「野口健が見た世界」 息をのむ“衝撃の写真”も - 芸能 - ZAKZAK

日本の登山家・野口健さんの言葉。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ゾッとする…エベレスト登山者たちの道標『虹の谷』の正体

世界最高峰のエベレスト。標高8,000メートルを越えた山頂に至るルートは「虹の谷」と呼ばれています。登山者たちの道標ともなっているというその虹の正体とは…。

このまとめを見る