1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

あがり症でも大丈夫!「就活の面接」で緊張しない6つのコツ

就活で最も緊張する場面といえば面接。就職活動で内定をもらうには、面接の通過が避けて通れません。面接で緊張しないためには、どのような対策が必要なのでしょうか?

更新日: 2016年03月07日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
635 お気に入り 81502 view
お気に入り追加

●「就活の面接」でどうしても緊張してしまう?

でも「緊張のあまり頭が真っ白」なんてことになっては、せっかくの自己アピールの機会を無駄にしてしまうことに。

緊張しないということはかなりの慣れが必要です。しかし、場数を踏んでいないときにはどうしても緊張してしまうものです。

・実際に緊張する人が多い様子

就活の面接とか多分比にならないくらい緊張したわ。汗

久しぶりに緊張する面接した、就活したくない(ゴロゴロ)

就活の面接日程決まったけど吐きそうなくらい今から緊張してる(;´Д`)ゲロゲロ

●面接で緊張してしまう3つの原因

・相手の評価を「必要以上」に気にする

・自分の中に“不安要素”がある

「緊張から早口になってしまって」など、要は受け答えがうまくできなかった回答が得られます。

・自分を「自分以上」によく見せようとする

自分より遥かに上のレベルに目標を設定すると、「あァ・・・流暢に話せていない。言葉が詰まった・・どうしよう」と自分のミスが気になるようになり、緊張する原因になります。

●「就活の面接」で緊張しない6つのコツ

1.緊張を否定しない

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。