1. まとめトップ

探偵調査員になるために重要な項目まとめ

探偵になりたい、探偵を目指しているという人に、探偵になるための方法と探偵に重要なことをまとめました。

更新日: 2017年11月18日

3 お気に入り 450 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

探偵とは

探偵は探偵事務所や興信所などの調査機関に所属している場合がほとんど。また、平成19年6月より探偵業法が施行され、探偵業を営むには届け出を出さなければならなくなった。

日本での探偵とは、民間の調査機関という認識です。
海外の探偵、小説などの名探偵とは違います。

探偵になるには

実際に探偵になるには まずは探偵事務所が主催している探偵学校に入学する

探偵学校に入学して、探偵になる方法。

自らも探偵が使う機材について知識を持っておくことが大事です。

探偵になるためには、機材についての知識が必要です。

自分で探偵事務所を開業する

探偵事務所を自分で開業して、探偵になる方法。

法律で定められた条件を満たしている人であれば、誰でも探偵になることができます。

探偵になるために「探偵業法」で定められた条件を満たした者でないとなれない。

探偵の求人は、求人情報サイトや無料の求人情報雑誌などに掲載されていることもありますが、新聞や雑誌の広告欄に掲載されていることもあります。

既存の探偵事務所、興信所に就職して探偵になる方法。

探偵になる方法はいろいろあります。
どの方法で探偵になるかは、自分で決めないといけません。

探偵にとって大切なこと

興信所の場合、探偵学校や探偵の調査講座など、興信所が独自に用意したカリキュラムを受講することで調査技術をあらかじめ勉強する方法もあります。

探偵学校で探偵に必要な技術や知識を勉強することも出来ます。

勤務した探偵事務所に仕事が無い。

探偵事務所に就職しても、仕事が無いという事もありえる。

プロの探偵もある意味スポーツ選手と同じで、自身の体で覚えなければならない大切な学習課目があります。

ようはやる気があるか無いかで、その後に探偵として働けれるか決まる。

どれだけ細心の注意を払っても、ミスやトラブルを完全に防ぐことはできません。ただ、思わぬ事態に直面した際に、臨機応変に対応する能力が必要です。

臨機応変な対応には、経験が必要。調査経験を多く積むことで、探偵として働いていける。

探偵にとって重要なのは、どれだけ調査ができるか。
調査を失敗しないで、結果を残せるかです。
調査に失敗すれば、報酬は手に入りませんし、
信用も得られません。
そのため、探偵になることだけを考えるのではなく、
探偵になってからのこともよく考えることが重要です。

1