1. まとめトップ

8ビートとか16ビートって何なのよ!

音楽雑誌などを読んでいるとよく目にする8ビート(エイトビート)、16ビート・・・ダンスを習っていたり、楽器を習っていた人ならわかりますがそういった経験がない人にはちんぷんかんぷんなこのワード。8ビートと16ビートが感覚的に分かるようになるための解説まとめです。

更新日: 2018年11月30日

7 お気に入り 43650 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sfp345さん

シャ乱Qのたいせいから簡単な解説

それぞれ代表的な曲を紹介します。はじめの動画で得た知識を深められるかと思います。

イヤホンかヘッドフォンで聞くとわかりやすいですよ!!

8ビートの代表的な曲!

ドラム教室に通うと一番に習いそうなTHE 8ビートです。
森高千里さん本人がドラムを叩いています。

AKB48は8ビートの定番ロックを王道アイドルソングとして世に定着させた感じがします。

16ビートの代表的な曲

世界で一番有名な16ビートの曲って言われてるのをどこかで見た気がします・・・

16ビートは複雑なものが多くてわかりやすいものがあんまり見つかりませんでした・・・

シャ乱Q、まことによる実演

3:39~
シャ乱Qのドラム、まことが8ビートと16ビートを演奏してくれています。
これで8ビートと16ビートとの違いが理解できたかと思います。

8ビートと16ビートがおおよそわかってきた所でこの曲を聴いてみてください!

まこと「ズルい女とかは16ビートでもないし、8ビートでもないし、シャッフルでもないし、いろんな要素がちょっとはねてるけど30%ぐらいはねてて、40%16だけど、あとの30%8ビートみたいな・・・
その割り切れないところがまた人間味として機械じゃ表現できないものとして奥が深い。」

8ビートとか16ビートの判定に躍起になってると気が狂っちゃうかも(笑)

1