1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

■今年の暖房は火鉢で・・・

ガス代も電気代も灯油代もかけたくない。
風情もあって、いいじゃない。

でも・・・まぁまぁのお値段するね

■鳴かぬなら・・・代用しようホトトギス

目的は暖をとることなんですよ

※注意!!!

火の扱いには十分気をつけてください。
一酸化炭素中毒にならないように、換気をしっかりとしてください。
火からは目をはなさないでください。
きちんと消化してください。
以下の方法は保障されたものではありません。
以上、重々ご理解のうえで、実践される場合は自己責任でお願いいたします。

■植木鉢で代用

植木鉢で代用したもの

我が家の火鉢は大きな植木鉢を代用しています。この植木鉢はサンルームでデラウエアーを育てるために購入したのですが、デラウエアーはブドウ棚に移しましたので使わないままになっていました。直径が50㌢余り有りますので、ドッシリして充分火鉢代わりに使えます。

最初に断っておきますが、火鉢と言っても雰囲気だけ。邪道もいい所です。それから危険だっていうのも分かってやっているので、その辺はツッコまないでください。

■土鍋で代用

ビーフシチューを作った土鍋に、灰を入れ、
   飛騨の朴葉みそ焼きのコンロの炭に火を点けて、 土鍋に入れたら、
   ビーフシチュウを作った時の、
   ローズマリーの美味しい残り香りがして、      
   温かくて火鉢の代わりになりました。

■バケツで代用

一つ心配なのは金属のバケツは熱伝導性が高いので、もしかしたら熱くなって床を焦がすかもしれない。ただ、土の体積が大きいし、バケツが床を焦がすほど熱くならないだろうと予想される。

■中の灰の代用

火鉢に軽石を入れて灰の代用に!
軽石(園芸用)はホームセンターで安価に入手できます。

この上に仕切りをして適量の木灰を入れます。

土、砂、石などはとりあえず火には強そうだ。

なかでも土は手に入りやすいし、断熱性も高そうだ。そうと決まれば、あとは早い。

■五徳の代用

100円ショップのステンレス鍋敷きに3㎜のステンレス丸棒で

足をつけてロウ付けしただけのもの(笑)

1 2