1. まとめトップ

【京都】お花見はこれで決定!!デパ地下で買える京弁当

お花見にお弁当は欠かせません。そして花見のときくらい、ご褒美にお弁当を贅沢したいものです。ただ、お弁当を買いにわざわざ遠回りしたくないというのも本音でしょう。そんなときは京都のデパートに行かれてはいかがでしょうか。京都の名店のお弁当が取り揃えられています。美味しそうですね。ワクワクします。

更新日: 2016年03月29日

1 お気に入り 13814 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuimamah26さん

春といえば桜。桜といえばお花見弁当。

春だけの特別ご褒美に、見て楽しい食べておいしいお花見弁当はかかせません。

▼JR西日本 伊勢丹で買える名店のお花見弁当 11選

古都京都の玄関口として、非常に多くの人に愛用されている京都駅

¥2,160

味わい豊かな焚き合わせや<下鴨茶寮>自慢のきんぴらまぐろなど料亭の味をお楽しみください。

¥5,400

茶懐石一筋の仕出しの名店から、木箱に詰め合わされた品格漂う一折をご紹介。こだわりの素材を使った折詰です。

¥5,400

南禅寺表参道に店を構える老舗料亭。季節を感じ、その素材を活かして作り上げた贅沢なお弁当です。

¥5,400

「もてなしの心」を大切にする〈京都吉兆〉。六枡の折に八寸・炊き合わせ・ご飯・デザートと懐石の流れを詰め合わせた四季を味わえる折詰です。

¥4,860

1830年から祗園で仕出し屋を営む<菱岩>から、名物の出し巻や季節の料理など、冷めてもおいしく食べられる食材をぎっしり詰め込んでいます

¥4,860

鯛の薄造りを敷き詰めた人気の特製ちらしに、料亭の味の数々を揃えた二段重ねのお弁当です。

¥3,780

〈吉兆〉創業者湯木 貞一氏が田の字形の器に料理を納め、松花堂弁当として世に広めたといわれています。こだわりの素材を活かした一折をお楽しみください。

¥3,780

東山の緑に包まれた山麓、豊臣秀吉の妻ねねの御用水“菊乃井”を代々守ってきた歴史ある料亭。約20品のおかずと、季節のご飯などが玉手箱のように盛り込まれた贅沢な二段弁当です。

店主選りすぐりの食材でつくられた出し巻や焼き魚などが詰まったお弁当です。

¥3,240

室町期創業。祇園八坂神社鳥居内に店を構える老舗料亭です。こだわりの素材を使った四季を感じる一折です。

¥3,240

安政2年(1855年)より西陣でこだわりの素材を使い、趣向を凝らした料理を提供してきた<西陣魚新>。伝統の味を雅な折詰にしました。

▼京都 高島屋で買える名店のお花見弁当 12選

1