1. まとめトップ

これでもう失敗しない!ミシン糸調子合わせ&キレイに縫えるコツ

ミシンが得意な人、苦手な人の差は糸調子合わせが上手にできるかが大きな理由の一つです。なーるほどポイントでもう失敗しない!ミシンの基本の掛け方、厚みある生地を縫うときのコツ、真っすぐ縫えるコツなど、初めてでもキレイな縫い目、丈夫な仕上りになります。保育園、学校用の雑巾の簡単作り方画像付き。

更新日: 2019年02月05日

94 お気に入り 420530 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

GohanUSAさん

糸調子とは

上糸と下糸の引っ張り合う強さを調節することを「糸調子」と言います。

このような水平釜では下糸の調整は不要で
上糸だけで調子をとります。
※ミシンの上部または前部に『上糸調子ダイヤル』があります。

上糸調子ダイヤルで調節。
・数字を小さくすると上糸は弱くなる
・数字を大きくすると上糸が強くなる

表から見ても裏から見ても縫い目が一定の正しい糸調子を保って縫うと、仕上がりもきれいで丈夫なものが出来上がります☆

表面の上糸が一直線のようになっている状態。
上糸が一直線状態で抜けやすい。

【調整】
上糸を弱める(通常はこちら)
もしくは
下糸を強める(ボビンケースがある場合)

裏面の糸が一直線のようになっている状態。
下糸が一直線状態でぬけやすい。

【調整】
上糸を強める(通常はこちら)
もしくは
下糸を弱める(ボビンケースがある場合)

基本は下糸の調整は不要になっています。
上糸だけで調整をします。

【下糸のボビンをセット】
透明のふたを開けボビンを内ガマにセットします。
入れる方向があるので注意しましょう。
糸道に沿って糸を通します。

一度縫ってみた後、ボビンの上を糸が画像のように渡っていればOK!

【下糸の調子・上級編】
※機種によって、できるできないがあります。

①針板をはずして中釜(内釜)を取り出します

②左側のねじが下糸調整ねじです。
下糸が強い場合・・左に回して弱くする
下糸が弱い場合・・右に回して強くする

※ほんの少しだけ回して微調整します。

ボビンケースにセットして使用するタイプ。
ボビンケースで下糸の調整ができます。

ボビンの糸の巻き方向が時計回りになるように、ボビンケースにボビンを入れます。

糸端を持ち、切り溝から糸調子ばねの下を通して窓から糸を出し、糸端を引き抜いてボビンが時計まわりになるか確認します。

下糸の調節は、右図のようにボビンケースの窓から出る糸端を持ち、下方向に振り下げた時にちょっと動いて止まる(目安は5~10㎝下がる)程度を基本とします。

試し縫いをして下糸が強い場合は、調整ねじを左に回して弱くし、下糸が弱い場合は右に回して強くします。

ミシン糸を選ぶポイント!

ミシン糸は30番手、60番手、90番手という太さを表す「番手」という単位があります。
その数字が小さくなると糸は太くなっていき、数字が大きくなると細くなっていきます。

【糸の種類】
最近のミシンに適しているのは
『ポリエステル素材の60番の糸』

【糸の色】
・布の色が濃い・・・布よりやや濃いめの色の糸
・布の色が薄い・・・布よりやや明るめの色の糸

ミシン針を選ぶポイント!

一般的に使用するミシン針   
細い ← 9番(青)11番(黄)14番(赤)16番(緑)→ 太い

ミシン針の柄の部分に
このように番数別に色がつけられています。

さて、『こんな時あなたならどうする~?』

1番 上糸調子を強くする
2番 上糸調子を弱くする

正解は。。。
1番です。

実は裏側で弛んでいるのは
下糸ではなく上糸なのです。

上糸を赤い色に変えて縫ってみましょう。
下糸は青い糸を使っています。

布の表側はキレイな縫い目で縫われています。

では、布の裏側は・・・
裏側でブカブカしているのは。。。
赤色の上糸でした。

下糸ではなかったのがお解りいただけたでしょうか!?

なので、上糸を少し強めてあげれば。。。
このようにキレイに縫えます。

≪上糸が白・・・表≫≪下糸は赤・・・裏≫で縫っています。

裏地に上の糸が出ています。
ダイヤルを右に回し
上糸の調子を強くする。

表地から下の糸が見えています。
ダイヤルを左に回し
上糸の調子を弱くする。

※機種によってダイヤル、パネル等仕様が異なります。

【送り幅(針目)の大きさ】
普通地なら1cmに4目(1目あたり2.5mm)
厚地はそれより大きく。
薄地は小さくする。

1 2