1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

static_castさん

フォアグラについて

フォアグラは世界三大珍味の1つとしてよく知られた食材です。フランスは、世界最大のフォアグラの生産地であり、同時に消費地でもあります。日本でも最近目にする機会が増えてきました。高級食材として、結婚式などでよく登場しますね。

「強制給餌」を巡る議論

フォアグラは、ガチョウやアヒルに大量の餌を無理やり食べさせ、肝臓を脂肪肝の状態にすることで得ます。

強制給餌(ガヴァージュ)を伴う生産方法は、欧州連合などで生産や販売を禁止する動きもある。これに対してフォアグラ生産者は、数百年前から伝わる製法であり、鳥たちに害はないとした上で、「渡り鳥なので元来栄養を貯め込むものだし、苦痛は無いし、苦痛が有ったら良いフォアグラにならない」と主張する。

フォアグラの生産過程

1. メスを捨てる (雌雄選別)
2. 屋外飼育
3. 檻に閉じ込められる
4. 強制給餌
5. 屠殺

1. メスを捨てる (雌雄選別)

雛は、人工ふ化によって産まれます。卵から孵ってすぐに、レールに乗せられ、オスとメスに分けられます。

メスの肝臓は静脈が多いためフォアグラに向いていません。また、オスの肝臓の方が上等とされています。このため、オスのみをフォアグラ用のベルトコンベヤーに移し、メスは産まれてすぐに捨てられてしまうのです。

捨てられたメスの雛はどうなるのでしょうか。残念ながら、そのほとんどは、殺処分されてしまいます。生きたまますり潰されてミンチになったり、ビニール袋に袋詰めにされて窒息死したり、炭酸ガスで窒息死したりします。

オスには強制給餌を行い、メスには全く餌を与えないまま殺してしまうのです。

2. 屋外飼育

フォアグラ用の雛は、成長するまでの3か月間、屋外で飼育されます。

3. 檻に閉じ込められる

大きな小屋の中にある、自分の体がやっと入るほどの、狭い檻に入れられます。ここで、12日以上、強制的に餌を与えられます。そして、殺されます。

向きを変えることも、立つことも、羽を伸ばすことさえもできません。更に、柔らかい足は、檻のワイヤーで簡単に傷ついてしまいます。

羽づくろいや、そもそも羽を伸ばすことも、きちんと立ち上がることも、向きを変えることも、何もできない。できるのは、首を伸ばすことだけである。
最大の生産国であるフランスでは、87%以上がこの方法である。
よりましな環境の場合では、暗い囲いに20羽ほどずつ入れられる。

檻は、特に衛生状態が悪く、床は排泄物まみれで、周りは吐き出した餌で汚れています。

強制給餌の際、首をつかみやすいように、首から上は檻の外に出ています。

4. 強制給餌

フォアグラを作るために、ガチョウやアヒルに異常に大量の餌を無理やり食べさせます。肝臓は、脂肪肝と呼ばれる、病気の状態になります。

餌を無理やり食べさせるために、長い金属製のパイプを、口から胃まで、1日に何度も押し込みます。

期間は最低でも12日以上で、長いほうがよいとされる。3週間から4週間行われる施設が多い。餌は蒸したとうもろこしと油性混合物。
ガチョウの場合は1日3回、鴨の場合は1日2回強制給餌が行われる。毎日与える混合物の量は増加される。

1 2