1. まとめトップ

防犯カメラ・監視カメラのメーカー 一覧(ネットワークカメラ/IPカメラも含む)

日本国内の防犯カメラメーカー、海外の防犯カメラメーカーまとめ。Panasonic,Sonyなどの大御所メーカーから、一般には知られていない業界の老舗なども紹介。海外メーカーについてはAxisやVivotekなどの一部ネットワークカメラメーカーを除き、直接ユーザーが購入することは困難。

更新日: 2017年03月08日

5 お気に入り 56237 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

防犯カメラ・監視カメラ・ネットワークカメラ・IPカメラについて、検討の段階でどのようなメーカーがいいのかを知りたい方が多いようです。ここではメーカーの特徴や市場での評判を客観的にお伝えします。

bouhantaroさん

【防犯カメラ・監視カメラ概要-Wikipediaより】

監視カメラ(かんしカメラ)とは、様々な目的で監視を行うためのビデオカメラのこと。

主な用途としては、防犯、防災、計測・記録などがある。防犯目的の場合は防犯カメラと呼んだり、防災目的の場合は防災カメラなどと呼ばれる。
広義にはカメラ単体ではなく、撮影した映像の伝送・処理、記録、表示機能を含むシステム全体を指すことがある。

英語では surveillance cameraともいうが、防犯目的の場合はsecurity cameraと呼んだり、一般的には映像監視システムのことをその映像信号伝送方法である closed-circuit television(閉鎖回路テレビ)の略語を使って「CCTV」と呼ぶことの方が多い。

「CCTV, Closed-circuit Television」は、ケーブルで結ばれたカメラとテレビ間だけの閉じた回路のテレビという意味となる。TV放送とは用途が異なる監視だけの限定した用途のカメラが出現し、監視として閉じた回路と範囲で使われ、Closed Circuit, CCTV と呼ばれた。

【ネットワークカメラ・IPカメラ概要-Wikipediaより】

ネットワークカメラ(英: IP camera)とは、有線や無線のLAN機能を持つビデオカメラの形態。Webカメラの一種。IPカメラとも呼ばれる。

ネットワークカメラは、映像配信、取り付け台の向きや可変焦点レンズのコントロール、その他オプション機能を動作させる仕組みをコンピュータネットワークに対応させたものである。映像取得・各種操作に専用の端末を使う機種や、パソコンやサーバと通信して使用する機種がある。通信に際しては、専用のアプリケーションソフトウェアを用いるものや、ウェブブラウザを使用するものがある。

Webカメラでも家庭向けの製品では、パソコンに接続して使用する事が前提となるが、ネットワークカメラはサーバ機能を持ち、ネットワーク環境があれば単独で運用可能である。あとは同じネットワークに接続されたコンピュータから通信して画像を受信したり操作したりする。その多くでは、TCP/IPの通信プロトコルに準拠しているため、インターネットへの接続が可能となっている。

IPネットワーク網を利用して、リモートモニタリングができるため、ネットワークカメラhはIPカメラとも呼ばれる。

【国内大手メーカー】

家電製品でも著名な大手メーカー。日本ならではの高い品質基準を順守するため、耐久性は抜群。ただし高コストになりがちで、赤外線暗視など消耗部品を使用するカメラを製造しない消極性もある。

【セキュリティ専門メーカー】

一般には意外と知られていない、セキュリテ専門の国内メーカー。大手メーカーと同等の製品を低コストで供給している。国内大手メーカーでは積極的に取り組まない、赤外線暗視に大きな強みがある。
メーカーにより当たりはずれがあったり、メーカーといいつつも実際は商社で、海外から製品を輸入していることも多い。
防犯カメラ業界でいうメーカーは、機器を製造しているかどうかではなく、ベンダーに機器を卸売りし、その機器に対して自社で保証をし、製品の問い合わせ窓口のサポートセンターを運用する、立場としてのメーカーとなる。

【国内その他】

特筆すべきベンダーや周辺機器メーカー。(株式会社ジョブル 株式会社日本防犯設備)

1 2 3