1. まとめトップ

「スピルリナ」とは・・・?

中で育つ藻の一種で、30億年前に誕生した地球最古の生命体ともいわれる。

スピルリナにはたんぱく質・脂質・炭水化物(糖質)・ビタミン・ミネラルの、5大栄養素が含まれています。

アミノ酸、ビタミン、ミネラルに加え、食物繊維、不飽和脂肪酸など50種類以上の健康・栄養成分を含み、スプーン1杯のスピルリナパウダーで、たんぱく質は鶏卵2分の1個、β-カロテンは緑黄色野菜120g分に相当する

海外セレブも愛飲してる♡

ミランダ・カー、ロージー・ハンティントン、ヴィクトリア・ベッカムなどの海外セレブ達も毎日の食生活に取り入れている「スピルリナ」を知っていますか?

スピルリナの摂り方

スピルリナは“藻”そのものではなく、加工されたサプリメント(錠剤・粉など)で摂り入れるのが一般的です

総合栄養補助食品として世界的に知られていて、NASAなども“未来の食糧”として注目しています。

スピルリナの8つの効果!

アルカリの性質を持つスピルリナを毎日摂る事で、体が弱アルカリ性に戻りやすくなり、体の細胞も活性化され健康的になります。

スピルリナに含まれるフィコシアニンが、炎症を起こす物質の分泌を抑制する事から抗炎症に有効とされています

このフィコシアニンは抗炎症の他にも、免疫力を高める働きなどをもっています。
免疫力が高まる事で、アトピーなどのアレルギーに強い体になる事が期待できます。

さらに血液の原料になるクロロフィル(葉緑素)も含まれているので、貧血の予防・改善に効果的です。

スピルリナ約4gで、緑黄色野菜の1日の推奨摂取目安量(120g)分のβカロテンを摂れるといわれています。

βカロテンは、心臓病・がん・脳卒中などの生活習慣病を引き起こすとされる“活性酸素”を減少させる抗酸化作用を持っています。
βカロテン豊富なスピルリナは生活習慣病予防に効果的なのです。

1 2





37SANAさん

よろしくお願いします!