1. まとめトップ

【プレバト】キスマイ横尾渉くんの俳句がカッコイイ【俳句特待生】

才能集団Kis-My-Ft2からまさかの俳人アイドル誕生!?

更新日: 2017年01月05日

zunzun516さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 91938 view
お気に入り追加

毎週木曜19時〜 毎日放送系列で放送されているTV番組「プレバト‼︎」 出演する芸能人の才能をその道のプロが査定するプレッシャーバトル番組である。その中の俳句コーナーで特待生にまで昇りつめたジャニーズがいた。Kis-My-Ft2の横尾渉。辛口査定の夏井さつき先生に「努力はカッコイイ!」とまで言わせた彼の実力とは…

2015.7.16 お題「夏の海と江ノ電」

“ サングラス 外して対す 海の青 ”

せっかく海に来たんだからサングラスを外して自分の目で見よう!とメンバーに向けて詠んだ句。

※夏井先生の解説
サングラス 外して対す とし、“対す”でしっかり句を切ったことにより、次の“海の青”で場面がパッと切り替わる。
また、青という色彩の音を置いたことで、サングラスをして見ていた海の青と外して見た海の青の違いが認識される。

添削:なし
「作り方・言葉の選び方・言葉を置く位置…大変うまい!!」

2015.7.30 お題「真夏のひまわり畑」

“ 夏帽子 夜行列車の 網棚に ”

ひまわり畑をゆく麦わら帽の少年のそのあとを詠んだ句。

※夏井先生の解説
お題の写真からどこまで発想を飛ばすか。それがよくできている。
敢えてひまわりではなく夏帽子に目を付けたのも大変良い。
「夏帽子」という明るく活発な季語から「夜行列車」への鮮やかな場面展開と、最後に「網棚に」と場所をしっかり描写し、それがまた最初の「夏帽子」に戻ってくる。

添削:なし
「直すところなんてどこにもありません。」

2015.10.1 お題「石川県輪島市 秋の棚田」

“ 秋の夜の 酒に肴は 選ばざる ”

俳句の本を買って楽屋で読んでいたと明かす横尾くんに対し、浜田さんも思わず「素晴らしい!努力が素晴らしい!」と称賛

※夏井先生の解説
助詞の使い方に工夫が見られる。
秋の夜のとすることで次の酒に情報がつく。
さらに“酒の肴”とせずに“酒に肴”としたことで、肴の重複表現を回避できた。

添削:なし
「この句はこれと言って直すべきところはないんです。」

2015.11.26 お題「黄葉の京都 南禅寺」

“ 紅葉散る 京都は冷たき 雨の中 ”

この回より特待生となった横尾くん。
昇格を目指し、季語辞典・俳句の作り方初級編・上級編など、日本語にまつわる書籍を5〜6冊読み挑んだ渾身の一句。

実際に見に行きたかったのに行けなかった。来年こそは見に行くぞとポストカードの写真を見て誓う。そんな想いを詠んだ句。

※夏井先生の解説
頭の句に色彩と動きを持ってきて、京都という場所が続く。そして「冷たき」という皮膚の触感、そのすぐ後に「雨の中」という光景が展開されており、語順がよく考えられている。
一つ一つの言葉が他の言葉と意味やイメージを重ねることなく、必要な位置に的確に置かれている。
それによりこの句を読んだ人はみんなほぼ同じ映像を思い描ける。
描写力のある作品。
現状維持の理由は無難であるという点。

添削:なし
「ただ、作品の後に作者の名前として梅沢富美男と書いてあっても、あまり違和感ないかな〜」

2016.1.21 お題「長野県地獄谷野猿公苑の温泉につかる猿」

“ 湯につかり 人も猿も 佳き元旦 ”

猿が身を寄せ合い温泉につかる光景は元旦などに見るような気がするので、季語に元旦を用いて詠んだという句。

※夏井先生の解説
この猿の写真から元旦という、おめでたく華やかで格調のある季語を見つけ出すのがさすが特待生。
人も猿も/佳き元旦 と、中七・下五を6音ずつの合わせて12音にするという調べの技にもチャレンジしている。
現状維持の理由は言葉の無駄遣い。
「湯に」とくれば浸かっているのはだいたい分かる。なので「つかる」という無駄な3音を省き、もっと良い元旦を表せる。

添削:湯に人も 猿もこよなき お元日
「いらん言葉入れちゃいかんよ、特待生!!」

2016.2.25 お題「千葉県房総半島 菜の花列車」

“ 春愁の 言わで別れし 日の記憶 ”

※夏井先生の解説
勉強しているのがよく分かる句。
助詞の使い方がとにかく大正解。
ワンランク昇格の理由は「若い人がこうして努力を積み重ねるって本当にカッコイイと思います。」

1 2 3





zunzun516さん