1. まとめトップ
  2. レシピ

お手軽!コンデンスミルクの缶詰で簡単に『生キャラメル』が作れる。

『生キャラメル』を安価でお手軽で大量に作る方法が話題となっています。コンデンスミルクの缶を「圧力鍋」で20分湯せんすると『生キャラメル』が作れる。って知ってましたか?トーストに塗ったり、お菓子作りに使うのもおいしいです。興味のある方はチャレンジしてみては?

更新日: 2016年05月03日

shimikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
718 お気に入り 66880 view
お気に入り追加

みんな大好き『生キャラメル』

『生キャラメル』は近年、人気が出てきた新ジャンルのキャラメル。

製法は一般的なキャラメルと基本的に同じであるが、出来上がりは全くの別物で、一般的なキャラメルに比べ。原料に生クリームを多量に使い非常にやわらかくおいしいです。

生キャラメル(なまキャラメル)は、主原料に生クリームを多量に用いた新ジャンルのキャラメル。

製法は一般的なキャラメルと基本的に同じであるが、出来上がりは全くの別物である。

そんな、『生キャラメル』を安価にお手軽で大量に作る方法が話題となっています。

…でも「圧力鍋」持ってない…そんな人はちょっと時間がかかるけど、長時間弱火で湯煎すればできる!

開けていないコンデンスミルク缶を2時間~3時間半、弱火で湯煎します。

そうすると…大量の生キャラメルがどーん!。

コンデンスミルク缶をお鍋でグツグツして生キャラメル作った! うま〜〜‼︎ pic.twitter.com/KJdPibxOI4

練乳の缶を3時間弱、弱火でコトコト湯せんすると生キャラメル状のドルチェ・デ・レチェというものになります。

なお、作り方は超簡単でして、コンデンスミルク(練乳)を未開封のまま、沸騰した鍋の中に入れ、コトコト煮ればOK!ちなみに、煮る時間によって味が変化するようで、大体の目安ですが…

80分:ミルキー味
100分:キャラメルソース
120分:生キャラメル

煮る時間によって味に変化が。

お好みで。

因みに圧力鍋使用しない場合の通常の鍋でキャラメル化目安時間は 2時間〜2時間半くらいかかる。

気になるのはその味?みんな試してました。

缶のコンデンスミルク 3時間湯煎しただけで生キャラメル出来るって見たからした! 美味しいっ!!! pic.twitter.com/grRVvCoRvr

とにかくおいしい!

コンデンスミルクで生キャラメル作ってみた!!ヤカンにinして3時間、なかなか立派〜〜! pic.twitter.com/xFzb67IIhz

けっこうたくさんできる。

なぜ、湯煎するだけでキャラメルになるの?

なぜ練乳を湯せんしたらキャラメル状になるのか?

それはメイラード反応という、タンパク質の褐色化反応によるものだそうです。

なぜ練乳を湯せんしたらキャラメル状になるのか?
これは、メイラード反応という、肉を焼いたら茶色になる、みたいなタンパク質の褐色化反応によるもの。

量が多すぎるよ…そんな方はチューブの練乳で作ると良い。

コンデンスミルク缶じゃ量が多すぎるよ!!!
…そんな方におススメなのはチューブに入った練乳。
これを同様にコトコト煮ると…。

チューブ入り生キャラメルの完成!?

何と、チューブの先から生キャラメルが!!!
キャラメルソース化するのでいろいろ使いやすいです。

これは、圧力鍋でやるとチューブが破裂する可能性があるので注意。

お鍋に水を入れ、チューブのコンデンスミルクを封を開けずにそのまま入れます。
(キャップ周りのビニールははがします)
ガスコンロにかけ、沸騰したら火を弱め、そのまま約2時間。

それだけで生キャラメルができてしまいました!

トロっとしているのでキャラメルクリームですね。

チューブタイプのコンデンスミルクを70分〜90分〜鍋で煮込むと キャラメルソース化するのでアイスやパンにそのまま使えて保管にも便利 pic.twitter.com/gbVYKZXHzB

トーストに塗ったり、お菓子作りに使ったりできる。便利ですよ。

コンデンスミルクを煮詰めて生キャラメル作るの話題になってるけど、その調理法はボリビアとかアルゼンチンではお菓子作る時によく使う方法で、コンデンスミルクを煮詰めて作るクッキーがあって アルファ ホーレスってお菓子 すごく美味しい pic.twitter.com/n98mKjr6y7

これを使ったお菓子もある。

そのまま食べてもよし、パンに塗ってもよし、
コーヒーゼリーに混ぜるのもよし、アイスクリームにかけるのもよし!
お好みに応じてどうぞ♪

食べてビックリ。濃厚で滑らか。とてもおいしいキャラメルクリームです。パンに塗ってもよし、牛乳に溶かしてもよし、指につけて舐めてもよし。

1





shimikeさん

いろんなことをまとめていきます。