1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

bearerさん

第7位

2016年3月9日、患者の診察回数を水増しするなどして診察報酬をだまし取っていた疑いで、脇坂英里子を逮捕。

第6位

2012年、板東英二の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」が約7500万円の申告漏れを名古屋国税局から指摘。そのうち、約5000万円は取引先への架空外注費などによる所得隠しと判断され、重加算税を含め約3千万円が追徴課税。

第5位

2002年12月、空手の正道会館館長で、立ち技格闘技「K-1」の企画・運営会社「ケイ・ワン」の石井和義が脱税容疑で東京地検特捜部に逮捕。
懲役1年10月。

第4位

2001年12月、約5億6800万円の所得を隠し、2億1,300万円を脱税したとして、東京地検特捜部に逮捕。
2002年3月の公判で、懲役2年(執行猶予4年)、罰金2100万円の判決が下る。

また、この脱税事件の責任をとり、夫の野村克也が阪神監督を辞任。

第3位

1997年に起きたプロ野球選手19人およびコーチ1人による大規模脱税。
小久保裕紀(ダイエー):脱税額2833万円。懲役1年(執行猶予2年)、罰金700万円
宮本慎也(ヤクルト):脱税額1248万円。懲役10月(執行猶予3年)、罰金350万円
ヒデカズ(ダイエー):脱税額2235万円。懲役1年(執行猶予2年)、罰金550万円

第2位

2015年11月、相続税が免除される社会福祉法人への寄付を装うなどして約4.95億円を脱税したとして、落語家桂小軽ら7名を相続法違反と偽造有印私文書行為の疑いで逮捕。

なお、桂小軽は、1997年にライオンがいる檻の中に何も説明も無いまま放り込まれライオンに襲われ怪我をした事で一躍有名になっている。

第1位

2008年11月4日、自身の著作権を譲渡するとの触れ込みで、投資家から5億円を搾取したとして逮捕。
懲役3年(執行猶予5年)の有罪判決が下る。

(番外編)海外

2016年1月、バルセロナに所属するマスチェラーノに、肖像権に関わる収入を申告せず、計155万6729ユーロ(約2億1000万円)もの脱税を行ったとして、懲役1年と罰金81万5000ユーロ(約1億円)が下る。

なお、判決はまだだが、その他のサッカー選手数名も告発されている。

1