1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

ドイツが無条件降伏したのは1945年5月。その3カ月後の8月8日にソ連は日本に宣戦布告(日ソ中立条約は4月5日に不延長を通告)して、ソ連軍は満州、南樺太、朝鮮半島に進攻。千島列島に到達したのは日本がポツダム宣言を受諾した8月14日以降。

ソ連が日ソ中立条約を破って南千島を不当占拠したという日本政府の言い分は当たらない。戦争はすでに終わっていて、日本は「無条件」降伏をしていたのだ。満州および南樺太、千島列島に対するソ連の出兵がアメリカの強い要請によることは明白だし、北方四島を含む千島列島を「戦利品」としてソ連が得ることをアメリカは認めていた。日本固有の領土、というなら、ロシアに対して主張するのではなく、アメリカに対して“取り消し”を迫らなくてはならない。

韓国は共産化を防ぐための単なる防波堤に過ぎないと自覚し、反日活動を改めた方が良いですよね。 米軍事機密文書 「中国・ソ連・朝鮮3カ国軍が日本侵攻?」 「米の朝鮮戦争参戦は韓国ではなく日本を守るため」 ameblo.jp/syouyuya8/entr…

戦後70年、 日本人が忘れてはいけない 激動の記録 原爆投下、ソ連参戦は 避けられなかったのか。 なぜポツダム宣言受諾は遅れたのか。 昭和天皇の真意は…… 八月十五日の真実 大日本帝国が崩壊した運命の日 amazon.co.jp/ebook/dp/B0161…

1