1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makaizouさん

韓国の原発が、再稼働に向けて点検を行なった

無事に終わって再稼働のための準備をしていたところ、わずか1日で異常信号が発生してしまった。
高水位現象が発生して受給水ポンプ稼働が自動で停止したとか。

韓国の原発、鉄板のさびに続きコンクリ壁のあちこちに穴見つかる

2017年7月26日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の原子力発電所の建屋のコンクリートに、多数の穴が開いていることが明らかになった。

韓国南西部、全羅南道(チョルラナムド)霊光(ヨングァン)郡にあるハンビッ原発4号機の建屋上部の円形ドームと下部境界部分から、横14センチ、縦20センチの大きさのコンクリートサンプル58個を採取して調査した結果、57カ所の隙間が見つかった。

同原発では今年5月、4号機格納建屋の上部円形ドーム部分と、下部境界部分の高さ68メートル地点で鉄板が腐食しているのが見つかり、腐食原因の調査が行われていた。

今回の調査結果を受け、原発はコンクリートに開いた隙間が鉄板の腐食に影響を及ぼした可能性があるとみて、さらに詳しい正確な原因を調べている。

原発の格納建屋は、放射能が外部に漏れるのを防ぐため、厚さ1.2メートルのコンクリート外壁と鉄板で覆われている。今回見つかったコンクリート壁の隙間は、1~12センチ程度だった。

ハンビッ原発の関係者は「原因の点検後、安全性が確認されれば再稼働する計画」と述べている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「もっとしっかり管理してくれ」
「手抜き工事なのでは?」
「原発は安全でクリーンって言ってたやつがいたが、本当か?」
「いったい何を根拠に原発は安全ということになっているのやら」

など、原発の安全性に対する不信の声が多く寄せられた。

また、

「日本みたいに原発事故が起きたりしないだろうな」
「日本でも原発の安全神話は1回の津波で消えた」

など、日本の原発事故に関連した意見も。

さらに、

「脱原発だ」
「原発はなくすのが正しい」

と、文在寅(ムン・ジェイン)政権が宣言した「脱原発」に同調するコメントも目立った。

韓国・JTBCテレビなどによると、韓国南西部の都市・釜山(プサン)に近い古里(コリ)原子力発電所から、 有害物質が海に放出されていたことが分かった

日本政府はこれでも韓国からの水産物輸入を制限しないのか?
大統領弾劾よりこっちの方が大問題だと思うんだがな。
他人が得する事を異常に気にして蹴落とすのに自分の健康気にしないって変わった国民だな。

古里原発放射線の排出、日本の100倍以上

古里原発から排出される放射能と近くの住民の甲状腺がんの発病の原因に対する法的訴訟が進められているが、原発側は、関連性がないという立場を固守しています。
しかし、MBCが単独入手した報告書を見ると、古里原発の放射線量が日本の原発の最高100倍を上回る事が確認されました。

世界各国で、国連科学委員会に提出した報告書の内容

90年から97年まで古里原発から排出された放射である「ヨード-131」の量です。
8年間296億ベクレル。
日本の「玄海」原発の場合は0、日本で最も排出量が多い「高浜」原発よりも110倍多い量です。
古里原発が強調した極めて少ない量の放射線という解明とは全く異なる結果です。
特に、今回初めて公開された放射線量は、他ならぬ古里原発が直接、国連に提出したもので、原発側はこれまでこの事実を公開していません。
「韓国水原(古里原発)が資料を公開しなければならない」
古里原発でこれまで相当な量の放射能が排出されたと言う事実が確認され、波紋が広がるものとみられます。

韓国原発、「欠陥・事故」続出の恐ろしき実態…偽造部品納入は当たり前、放射能漏れ数値は18倍増に修正

指定された正規の海外製部品を使わず、国内工場で偽造した安価な部品を納入したあげく、事故やトラブルを起こす-。
韓国では軍の兵器だけでなく、最も神経を使わねばならない原子力発電所でもこうした偽造が横行し、実際に配管亀裂や緊急停止、放射能漏れなどの事故が続発し大問題になっている。
さらに修理箇所を間違えたり、放射線量の発表数値を修正したりと事故後の対応も問題続きで、日本では考えられないような原発の恐ろしい運営実態が明らかになってきている。

怖い原発の実態

現地の報道によると、昨年10月17日午前2時9分、韓国全羅道霊光郡にある「ハンビッ原子力発電所」=旧霊光(ヨングァン)原発=3号機が、蒸気発生器の異常で稼働停止し、放射能漏れ事故を起こした。
 ハンビッ原発は1986年8月に竣工し、2002年までに6基の原子炉を建設したが、近年は周辺住民の不安をかき立てる事故を次々と起こしている。11年2月には5号機のモーター内にドライバーを置き忘れたことが原因でモーターが故障し自動停止。12年4月には6号機で燃料棒が損傷し、夏から秋にかけては2号機と5号機で蒸気発生器への給水ポンプが故障した。

 さらに同年11月には5、6号機で品質保証書を偽造した部品が取り付けられていることが判明。これをきっかけに韓国内で原発調査が行われたが、その結果、新古里(シンゴリ)1~4号機、新月城(ウォルソン)1、2号機で、安全系統の制御ケーブル部品の品質保証書の偽造が発覚。しかもこの2原発の場合、偽造に手を染めたのは納入会社ではなく、なんと試験機関だったことが明らかになった。

 中央日報電子版などによると、韓国内では原子炉の冷却材喪失事故を想定した高温、高圧下の試験を行う施設がなく、カナダの試験機関に依頼している。その試験が規定の圧力条件を満たしていなかったのだが、「基準を満たしたように書き換えられていた」(同電子版)という。

 また新古里1、2号機と新月城1、2号機では、基準に関することだけでなく、試験結果も偽造されていた。
もはや試験の意味などない。

動かぬ原発…トラブルだけはノンストップ

一方、渦中のハンビッ原発はその後もトラブルが止まらず、12年11月には点検中の3号機で制御棒誘導管84本のうち6本で亀裂が見つかり、再稼働が延期に。今年3月には2号機で「原因不明」の停止事故が発生。10月3日には1、2号機で外部からの電源供給が停止し、相前後して1~4号機の火災感知器約200個も不良品だったことが判明した。

 10月17日の3号機の放射能漏れ事故は、起こるべくして起きたというほかない。しかもこの事故では、修理の際に故障箇所を間違えるという重大な人為的ミスも起こした。朝鮮日報(電子版)などによると、2台ある蒸気発生器のうち、亀裂が発生したのとは別の蒸気発生器を故障と判断し、経路を遮断したという。

 さらに放射能漏れの総量について、原発側は当初1・1ギガベクレル(11億ベクレル)としていたが、10日後に「実は18・8ギガベクレル」(188億ベクレル)だったと18倍の量に修正。もはや何を信じていいのか分からない状態だ。

韓国ハンビッ原発1号機が稼働中断、詳細な原因を調査中

ハンビッ原子力発電所1号機の原子炉が停止した。

韓国水力原子力ハンビッ原発は27日、同日午前5時16分ごろにハンビッ原発1号機の復水器(水蒸気を冷却させ水にする装置)で低真空信号が発生し発電と作動が停止したと明らかにした。

幸い放射能漏れはなく、現在発電所は安定状態を維持しているという。原発側によると発電停止は復水器の真空圧力が下がり発生した。真空圧力が低下した原因はまだ把握されていない。

原発当局とハンビッ原発民間環境安全監視センターの検査の結果、タービンと復水器の結合部のジョイントが一部破損し真空低下が発生したとみられる。

一方、原発側は低真空信号が発生した原因を把握し、原因究明が終わり次第原子力安全委員会の承認を受けて稼動再開を決める方針だ

蔚珍原発1号機がまた停止…核分裂監視装置に異常=韓国

蔚珍原発1号機(95万キロワット級)が17日午前11時19分、原子炉出力測定系統の異常で停止した。昨年8月に電力系統の異常で発電が停止してから5カ月ぶりだ。昨年は1年間に9回も停止した。

韓国水力原子力のチェ・ナムウ発電運営チーム長は「核燃料の核分裂を監視する装置にエラーが生じた」とし「原子炉内の核分裂には異常がない」と述べた。続いて「今回の発電停止は放射能漏れとは全く関係がなく、現在、発電所は安定状態を維持している」と説明した。

韓国水力原子力側は機器を精密調査した後、安全点検と整備を経て、原子力安全委員会から再稼働承認を受ける予定だ。普通、安全点検から承認までは1週間以上かかる。

1